2017年6月23日 (金)

本・疾風怒濤! 上杉戦記・(編)細谷 正充

Photo_5
12
12
「義」を掲げて乱世を疾走した越後の龍・上杉謙信と後継者・景勝、天下に強さを謳われた上杉軍団―。本書は戦国大名・上杉家の人々に光をあてた傑作短篇小説集。留守城番を買って出る重臣の秘められた意図に迫る山本周五郎の「城を守る者」、宇佐美定行の示した真の忠節を描く海音寺潮五郎の「芙蓉湖物語」、さらに晩年の前田慶次郎を取り上げた大佛次郎の「丹前屏風」など、八篇を収録。
12
12
① 竹俣       東郷隆
② 城を守る者   山本周五郎
③ 芙蓉湖物語   海音寺潮五郎
④ 流転の若鷹   永井路子
⑤ 羊羹合戦     火坂雅志
⑥ ばてれん兜    神坂次郎
⑦ 美鷹の爪     童門冬二
⑧ 丹前屏風     大仏次郎 
12
12
以上の上杉家の諸将が集められている。
家臣の列伝ではないと思う。
細谷 正充はこう言う感じのまとめている本が多い。
真田戦記、九州戦国史、東北戦国史等がある。
選ぶのも大変と思う。
好みの作品は②③⑤⑥である。
12
12
②城を守る者
後方の任務の重要性を説く。
が血気にはやる若者は理解出来ない。
が分かる時が来る。
同僚も分かっている人はいる。
12
12
③芙蓉湖物語
本当かどうか分からない話である。
宇佐美定行。幻の軍師なのか?
野尻湖で政景と共に溺死する。
死後に宇佐美氏は没落する。政景を粛清するため、我が身を犠牲にした言われている。
そう言う話の短編である。
粛清後の内乱を恐れて、宇佐美家も改易する。
政景の息子、景勝が当主になる。
書状で謙信の本心が分かり、孫に詫びる。
著者、海音寺潮五郎も自分の世界に酔っている感じがしないでもないが・・・・・・
12
12
⑤羊羹合戦 
何とも言えない面白みがある。
羊羹で秀吉と戦う???
万人に満足できる羊羹なんて出来るのか?
寒天で固める羊羹である。
元家臣、渡辺庄九郎がが作る。
が出来が良すぎる。出来すぎると、これまた秀吉の怒りを買いかねない。
妙に納得させる。
京へ向かう主人公を待つ、元婚約者の姿が良い。
12
12
⑥はすでに読んでいる。
単独で紹介しているが、やはり面白い。
12
12
景虎の短編もある。    面白かったです!
12
12

2017年6月22日 (木)

本・上杉武将伝・近衛龍春

Photo_6
12
12
軍神「毘沙門天」に帰依し、生涯の大半を戦場で過ごした上杉謙信。戦の天才と謳われつつも領土欲が薄く、何よりも義を重んじた聖将を支えたのが戦国最強を誇る上杉軍団であった。本書は、そんな主君に負けず劣らず個性的な武将たち14人を厳選した人物列伝。彼らの生き様を通じて上杉家の強さの秘密に迫る。
12
12
内容は下記の通りである。
① 長尾政景/野尻池の悲劇
② 鬼小島彌太郎/謙信股肱の猛臣
③ 荒川長実/謙信の影武者
④ 色部勝長/血染めの感状
⑤ 甘粕長重/激戦の殿
⑥ 北條高廣/三度背信した奇将
⑦ 柿崎晴家/上杉家の先陣
⑧ 直江信綱/白昼の惨劇 
⑨ 山本寺景長/魚津の悲劇
⑩ 栗林政頼/三国峠の勇士
⑪ 新発田重家/揚北の剛勇
⑫ 藤田信吉/旧領奪還の熱意 
⑬ 本庄繁長/独立への挑戦
⑭ 直江兼続/閻魔への書状
一四将が記述されている。
著者の好みであろう。
最近はやりの軍師官兵衛。
これも黒田二十四騎に、その中で黒田八騎がいる。
神君家康には、徳川十六神将?二十八新将?
武田二十四将
毛利十八将
上杉二十五将
色々ありそうで、数字も人物も末端の方に行けばよく分からない。
数合わせ的な物でもある・・・・・・・
その中で十四将選んで短く記述している。
長編よりもこういう短編の方が人物がよく分かると思うが・・・・・・
一番簡単に記述されているのが、直江兼続。長編もある。
12
12
北條高廣・新発田重家・藤田信吉・直江信綱・本庄繁長が面白い。
直江信綱以外、皆裏切っている。
本庄繁長は帰参しているが、こうもたやすく裏切れるものなのか?
北条・武田・今川・織田と争っている。
調略が、日常茶判事と言ってもやり過ぎではないか?
いろんな本を読んでいるが、謙信は武将としては超一流だが、政治家としては二流ではないか?
この武将も経歴等で違うところもあるようだ。系図からも調べているがそこまで残っているのか?
12
12
長尾政景/野尻池の悲劇
宇佐美定満がよく分からない。
引きずり込んで一緒に死んだとも言われている。そう思っていたが違うみたいだ!
12
12
北條高廣もよく分からない。
越後の名将と思っていたがどうなのか?
武田・北条に踊らされている感じがしないでもない。
景勝・景虎の争いで景虎に付いた。
勝頼のだらしなさか?兼続の調略が上手かったのか?
見通しが甘いのではないか?
12
12
新発田重家。
恩賞に不満があり織田の調略に乗る。
そのまま行けば越後は、新発田重家の物になっている????
本能寺の変で梯子を外された。
信長の後継者秀吉は、景勝と組む。
最後の戦いで歴史に名を残した!
12
12
藤田信吉。
関ヶ原前に上杉から出奔する。
先を見る眼があるのか???
藤田家は信吉しか残っていない。
それゆえ生き残りにかけたのか?
最後は良くない様だ!
12
12
本庄繁長。
わずか13歳で、父の敵の叔父後に切腹を申し付け、討ち果たす!
あまり謙信に重要視されなかったようだ。
こういう武将に調略の手が伸びる。
信玄に付く。が後詰の約束が反故にされる。
信玄は北へではなく、南へ侵攻する。
その為に北で騒ぎを起させる。
北條高廣も本庄繁長も哀れと言えば哀れである。
手のひらで踊っているだけの存在なのか???
関ヶ原後の徳川との折衝も務めた。
12
12
こうして読んでいると、謙信は国を治める気があったのか?
嫌になると出奔する。
家臣には刃向われる。越後は名門意識の強い土豪が多い。
これで信長と戦えるのか?
戦国の攻略結婚は子供が多い方が良い。一族の子供も養子養女に出来る。
信長・信玄・家康は子供が多い。秀吉は子供も無く一族でまともなのは秀長だけなのか?
それを思うと謙信は異常である。
謙信は良い時期に亡くなったと思うが・・・・・・
12
12

2017年6月13日 (火)

本・鬼平とキケロと司馬遷と - 歴史と文学の間(2016/2)・山内 昌之

Photo_2
12
12
研究者として膨大な専門書や史料を読むかたわら、余暇に手にとる古今東西の古典や時代小説に耽溺する―歴史学の泰斗が、これまでに出会った数多の本から、歴史を読む楽しみを存分に味わえるものを紹介。古典的名著から小説、エッセイまで、書物の世界を自在に旅する最良の案内書。
12
12
佐藤優が推薦している。 著者の博学ぶりが分かる。
題名がどうつながるのか良く分からないが………
和洋漢にまたがる幅広い教養を身につけることが出来る。書評集である。
12
12
序章   歴史の楽しみ     司馬遷からマスペロへ
第一章 江戸のロマン     鬼平と河内山のピカレスク
第二章 政治リアリズム    ローマ・徳川日本・イスラーム
第三章 「歴史とはなにか」  イブン・ハルドゥーンと内藤湖南
第四章 幕末騒動始末記  新選組のぐるり
第五章 明治という時代    夏目漱石と乃木将軍
終章   新しい教養へ     江戸情緒と泰西趣味を超えて
12
12
どう言う関係があるのか??
鬼平、キケロ、司馬遷から河内山までどう関係があるのか??
鬼平と著者の架空対談がある。
鬼平と言えば吉衛右門である。
先代に、丹波哲郎、萬屋錦之助、現在である!
見たのは最近である。 著者はずっと見ていたようだ。 見る時間を作っているのには驚きである!!
12
12
いつも言っているが、読書をする大切さがある。
分かり易い、面白いものから読む。 アニメの三国志から入るのも良い??
それから年齢とともに難しくなる??
それにしても著者はよくこれだけの本の名前を挙げれると感心するが………
12
12
「事実や歴史にくわしいといことは、交渉家が敏腕であるために必要な要素である」
12
12
加藤清正の息子に孫のアホさ加減が語られる!
たかが碁の勝負でもインチキする。 長時間の勝負は尿意をもよおす!
そのいない間に碁盤を変える!!
指導者にあるまじき行動で家を潰す!  清正が泣いている???
こんなバカばかりではなく、弘前・米沢・宇和島と改革に成功した例も書かれている。
12
12
資料と言うか素材があるが、信用出来るのか??
自伝と言うものは自分を悪く書かないものだと言ったのは誰か??
「みずから捏造し考え出した根拠の薄弱な物語」
それを批判する識者もいる!!
12
12
韓非子の話がある。
300人の楽団員に一人ひとり演奏させると下手で皆逃げ出した??
歴史もそう言うものなのか???
判断は難しい………
12
12
幕末の話がある。  中村彰彦との対談も多い!
新選組、芹沢鴨、伊東甲子太郎、島田魁、永倉新八………
近藤勇はどの程度の腕だったんだろうか??
著者は嫉妬についての著作もある。
芹沢鴨、伊東甲子太郎らに対する嫉妬がある??
はっきり言えば田舎侍と大都会での洗練された人の違いなのか??
北辰一刀流と、天然理心流・試衛場とは差があるのか??
12
12
夏目漱石と乃木将軍の話もある。
夏目漱石は、学生時代に教科書に載っていた。
『こころ』 である。 それまで夏目漱石と言えば「坊ちゃん」に「吾輩は猫である」ぐらいしか知らなかった。
がこの本のさわりを読んで変わった??
直ぐに本屋で買って読んだことを覚えている。素直であった学生時代である?????
「こころ」で乃木将軍の殉死がある。
そして乃木将軍である。 司馬遼太郎の影響はある。
愚将なのか? 普通の将軍なのか??
漢詩が並んでいる。 
秀吉の朝鮮侵攻で朝鮮人を日本に連れて来ている!!
製陶の技術者達が多かったようだ…
その人達の叫びがある!!
12
12
解説が佐藤優である。
知識人には二つのタイプがある。
英語で、インテレクチュアル、高度な専門学識と教養を備えた人であるが、
柔軟性に欠けて、社会に与える影響も限定的である。
大学教授に多い?? 佐藤優が言うなら名前は何人か浮かぶが………
ロシア語で、インテリゲンチャ、自らの学識を社会の為に活用する。 実践的である!!
著者を、インテリゲンチャとしている!!
現在のキケロと褒める!!
和漢洋の教養のない人間は辛いが………
12
12

2017年6月12日 (月)

テレビドラマ・ウェイワード・パインズ 出口のない街 シーズン1 amazonビデオ

Photo
12
12
生還可能性ゼロ。 脱出ミステリー、 大どんでん返しである!! 
出演はマット・ディロン。世界的ベストセラー小説『パインズ』初映像化。 
穏かで美しい田舎街”ウェイワード・パインズ”の全貌とは??
12
12
はじめ陰謀ドラマかと思った?? 何かの実験施設なのか???
作品中でもCIAの陰謀か? と言うセリフもあった。
出口のない街、たどり着けない城………
交通事故に会ったシークレットサービス、イーサンがいる。
行方不明者の捜索に来る。 元不倫相手もリストに載っている。
気が付くと、この街にいる。 パソコンも携帯もない!!
イーサンは病院で気が付くが、誰もいない病院で、作り笑いが気持ちの悪い女がいる。
医師か、看護婦かも分からない!! 笑った顔をが気持ち悪い!!
12
12
1
12
12
この街から逃れようと車を盗むが、同じところに帰って来る。
どうどう巡りである!! 保安官がいる。
何処かで見た顔だと思った………
テレンス・ハワード。 唯一知っている顔である!!
こう言う作品にも出ているのか???
12
12
Photo_3
12
12
この街に妻と子供が来る。 何とか夫の行く先を見つけて来る。
12
12
Photo_4
12
12
がやはり罠にかけられて交通事故に会う!
気が付くとこの街である。  やはり逃げ出そうとする!
主人公も逃げ出そうとする。が街を囲む壁を見てしまう。
壁には電気が走っている………
12
12
又あら捜しであるが、この電気は何処で造っているのか???
相当量いる! 原発なのか??
住民は掟に縛られている!  街を出ることは許されない!!
イーサンは保安官を殺して保安官に!!
妻は不動産屋へ。 息子は学校へ行く!!
不倫相手も協力する???
12
12
結論になるが、冷凍睡眠で時代は4000年になっている。
捕食者の問題がある。
人類は果たして存続するのか?? 捕食者たる地位を保てるのか??
そう言う場合は、たいがいノアの箱舟に、アダムとイヴに行きつく。
天敵(?)が現れて人類の滅亡が近い!
天敵は人類の兄弟である???
ほぼDNAが同じである。 これが塀の外にうようよいる!
これから人類を守る為に塀は存在する!!
12
12
Photo_5
12
12
科学者:ピルチャーがこれを造る。  何度か見ている感じがするが……… 
最初の動機は人類を守る為にあったが、時代が流れると個人の野望の為にある。
何グループかを冷凍保存してあり、蘇らせる。
が最初のグループには全部正直に打ち分けて失敗する。
生き残った人類は絶望する!
これは分かる。 勝手に思うが、リーダーはちんけなおっさんである。
このおっさんがリーダーだと思うと絶望的にもなる???
12
12
現在はBグループである。 全体主義の社会である!
カメラで管理されていて、盗聴もされている!!
イーサンは現実を理解する。 存続に協力しようとする!
現実を見せられていないかっての不倫相手は、強硬に壁の外へ行こうとする。
その為にトラックを盗み壁に突っ込む!!
12
12
そこから怪物が入って来る。 街を襲う!!
そのさ中、この住民に絶望したピルチャーはグループBを滅亡させて、グループCに期待する!
ピルチャーは街全体を停電させる
ここは街の未来を考えて、若者を洗脳教育、エリート教育している。。
この若者たちが、私的な制裁を行おうとす  実際に銃で殺す!!
街はめちゃめちゃになるが、意識の無くなった息子が目覚めたのは3年過ぎである。
街は表面は正常になっている。 がピルチャーの造像がある。
変わっているのか???  以下シーズン2に続くようだ………
しばらくamazonプライム会員の特典には時間がかかるみたいである!
気長に待とう………
12
12

2017年6月11日 (日)

2017年NHK大河ドラマ おんな城主直虎 第23回 「盗賊は二度 仏を盗む

236
12
まだまだである。 起伏の少ない物語である。 現在は………
盗賊たちはよく働いている!
井伊直虎は酔っぱらっている??  次郎法師の時から酒が好きであるようだ………
12
12
231
12
12
この状況に水がさされる!!
今川の目付、近藤康用が小野但馬のところにやって来る。
盗賊たちが、近藤の菩提寺から本尊を盗んだと!!
龍雲丸たちとの宴の翌朝、直虎のもとに政次と近藤康用がその件でやって来る。
龍雲丸たちが結んだと疑っている。
菩提寺の本尊が盗まれている。  まだ疑いである??
合理的な疑いであるが、胡散臭い!!
何故犯人だと決めつけるのか??  小野但馬は何も出来ない!!
捕まえようとする。 が盗賊たちは先に逃げている!!
この近藤康用の墓が、龍潭寺にあった。  井伊谷三人衆である。
が、龍雲丸たちは先に逃げている??  誰が知らせたのか??
12
12
この状況で、和尚が和解を図る。 直虎と共に近藤の元に、代わりの本尊を寄進に行く!!
何かある!!  この盗難は自作自演である!
自分で盗んで、犯人を龍雲丸と指定して井伊を揺さぶる??
和尚と龍雲丸が逆に罠を仕掛ける。 自作自演と言う事は分かっている!
12
234
12
無いはずの本尊が戻っている!!
もはや近藤は何も言えない!!
12
232
12
12
233
12
12
直虎は龍雲丸達を井伊家で抱えようとする!
12
12
235
12
今や歴史の大事件とは関係ない出来事のドラマである。
ローカルな番組である??  が遠州浜松は直虎で盛り上がっている!!
そろそろ三河松平元康、それより徳川家康が牙を向く!!
12
戦国時代は直ぐに酒である。  和尚も昼から酒を飲んでいるのでは??
12

海外旅行のお知らせ! バルト三国へ 6月13日~22日 

海外旅行のお知らせがあります!  6月13日から22日まで旅行に行きます!
今回はバルト三国を巡ります! フィンランド航空で行きます!
二郎余話(新)、二郎余話(紀行)、食べ歩き放浪記に記事を載せますので、
興味のある方は是非に見て下さい!!
12
12
Photo_6
12
12

旅行予定表

12
12
リトアニア
Photo_3
12
ラトビア
Photo_4
12
エストニア
Photo_5
12
何故バルト三国に行くのか?  昔からソ連に近い中欧に興味があった。
バルカン半島の旧ユーゴはクロアチアとスロベニアに行っているが他は行っていない!
ハンガリー、チェコ、スロヴァキア、ポーランド、ルーマニア、ブルガリア、旧東ドイツには行っている。
12
ベラルーシ、ウクライナ、モルドバ、アルバニアにはよう行かないだろう!
コーカサス地方、アルメニア、アゼルバイジャン、ジョージアも無理か??
奥さんのドイツ語の先生は、アルメニア出身である。
中央アジアもどうかなと!!
中東は無理だろうと思う!!
12
リトアニアと言えば杉原千畝である! 是非に行きたい!!
ラトビアのリガは神戸市と姉妹都市である。
エストニアはフィンランドと提携している??
リトアニア、ラトビア、エストニアは連携して独立運動を進める。
独ソ不可侵条約50周年を迎えた1989年8月23日にはヴィリニュス-リガ-タリンを結んで600kmに渡る「人間の鎖」(バルトの道)が形成され、世界に独立を訴えた!!
現在の国が出来てからの歴史は浅い!  それまでは地域なのか??
「フレデリック・フォーサイス オデッサ・ファイル」 でリガが出て来る。
それで知ったわけではないが、妙に気になる国々である!!
12
旅行は個人ガイドを頼んでいる。 スペイン・ビルバオのガイドマヤさんは、ガイドを付けると5倍は楽しめると!!
今回は群馬県の 「Travel Plaza」 である。 群馬県が嬉しい??
「佐藤優 日露外交」 の最後に、ソ連崩壊時のバルト三国の分析がある。
読んで行くことになるが、時期的によかった??
フィンランドはこの時期、ムーミン博物館がリニューアルオープンしている!
お客さんは多そうである!! ホテルが取れていない!!
もう直ぐである! 楽しんで来たい!!
12
12

2017年6月10日 (土)

タイ人とのささやかな国際交流 6月10日 山陽電車

Photo_2
12
6月10日(土) 姫路に桂南光の落語を聞きに行った。
山陽電車で行った。 帰りも山陽電車である。
列車の前と後ろは5人掛けの席である。
そこに座っていると、前に座っていた若い男性がこちらの席に移って来た。
どうも海を見たかったようだ!
どうも日本人では無さそうである。
しばらくすると奥さんが英語で喋りかけた!!
12
台湾と言う??
奥さんの英語能力が信じられなくなった………
タイである!!
台湾とタイ?? どう間違うのか??
12
そこで二郎が嬉しそうに、食べ歩き放浪記のタイ料理の店を見せた。
笑顔で見てくれた。 スマホを横にして見易くして見てくれた。
もう1軒見せた。 嬉しそうに見せた……… 自慢している??
この人はタブレットを持っている。
その中で自分の写した写真を見せてくれた。
イケメンのお兄さんである!
ささやかな国際交流である!
タイは地下鉄は無いようだ!
地下になったので外を見れないので寂しそうだった!!
12
12

第五回 桂南光独演会 6月10日(土) 14時 姫路キャスパホール

Photo
12
この独演会は、第二回から行っている。  いつもながら大変楽しい!
12
演目は下記の通りである。
桂 小鯛   道具屋
桂 ちょうば 善哉公社
桂 南光   天狗裁き
中入り
桂 しん吉  七段目
桂 南光   三枚起請
12
桂ちょうばは、「師匠ざこば」 の前の名前の 「朝丸の朝」と、
「ざこばのバ」 をとってちょうばとした!
善哉公社は、公社と言うか役所の非効率を揶揄する!
善哉を食べるのに申請書類が沢山いる。 健康診断までいる。
証書が500円、健康診断が6800円(?)、ぜんざいが4800円(?)等がいる。
そしていちいちそこまで行かなければならない………
餅の焼き方まで言わなければならない。 電気? ガス? 生?
食べる前は茶碗には餅しか入っていない!
甘い汁は役所が吸っている??
12
南光は四条畷に住んでいる。
JR東西線が出来たので、尼崎で乗り換えて、芦屋で新快速に乗る。 
2時間ぐらいかかる。  衣装は自分で持って来るようだ。
南光は65歳になっている。 この話は今しか言えない!!
後期高齢者になる。 奥さんは1か月ほど若い!
12月8日生まれである。 真珠湾攻撃の日であるが、これは言わないようだ………
優先座席を、夫婦でゲットする話は参考になる。
我が家も近い歳になっている??
12
今日は、天狗裁きに、三枚起請である。 どちらも聞いている。
が、聞く度に面白くなる!!
天狗裁きは、嫁に友達、友達、大家、奉行に天狗が、何を夢見たのか聞く!
それぞれが、手を変え品を変えて聞き出そうとする。
「わしは言うなと言われれば絶対に喋らな!」
落語でなくとも噓である!! 絶対に喋る!!
12
三枚起請は、アホな男と、腹黒女のはなしである。
これを聞く度に冷や汗をかく!!
部下に言わせれば、我が身がそうだと!!
キャバクラのホステスがいる。
No1ともなれば大したものである。 嘘も100回言えば本当になる。
例えば学生アルバイトと言う。 学校を言う!
お客さんにその大学の出身者がいた。
学部を聞かれたら、少し違う!! そんな学部無いと言う事でバレる!!
バレたと言っても何も変わらないが………
この話、男の方がアホに感じる??  現実と思うが………
遊女の話になるが、お客さんが年配なのでかまわないが、若い人では分かるのか??
起請は1枚である。 この女3枚を幼馴染と知らずに書いている。
何枚でも書いている! 気にしていない! たかが紙切れである………
だいたい信用するのがおかしいが………
これが男にばれる! 男3人女に文句を言いに行く!  女は開き直る!
が男はバカである!! 3人とも、俺だけはお前を信じている!!!!
この話は、身に染みる話である??
12
南光は起請とチラシを言い間違った??
本人居直っている?? 間違いました!!!
面白いやり取りでした!!!
来年も楽しみしておこう!!!
12
12

本・赤ひげ診療譚・山本周五郎

Photo_3
12
12
幕府の御番医という栄達の道を歩むべく長崎遊学から戻った保本登は、小石川養生所の“赤ひげ”とよばれる医長、新出去定に呼び出され、医員見習い勤務を命ぜられる。
貧しく蒙昧な最下層の男女の中に埋もれる現実への幻滅から、登は尽く赤ひげに反抗するが、その一見乱暴な言動の底に脈打つ強靱な精神に次第に惹かれてゆく。
傷ついた若き医生と師との魂のふれあいを描く快作。
12
12
古本屋で見つけた本である。 新しく、字も大きい! 100円だ! 買え~!!
この本、親父に貸して貰って読んだのは学生時代だが、まだ10代後半である。
黒沢明監督の映画「赤ひげ」はビデオで見た。メチャメチャ面白かった。
テレビドラマ、倉本總脚本も面白かった。
今回改めて読んだが、大変面白い! 流石原作である!
こんなに面白かったのかと思ってしまった!
12
12
映画は、ほぼ原作通りに演出されていた。
映画の記憶が鮮明なので、どうしても比較してしまう!
三船敏郎、加山雄三、土屋嘉男、江原達怡、山崎勉が印象的であった。
監督のお気に入りの俳優たちか??
12
12
8編の短編から成っている。
エリートコースに乗っている。
長崎に留学し、帰って来た時は許婚が他の男に走った………
許婚に逃げられ失意のどん底にいる新米医師、保本登の成長していく人間ドラマである。
そして訳も分からずに、小石川養生所に掘り込まれる。 かたくなに反抗する。
それが赤ひげの人間にふれ、人として、医者としての生き方が変わる。
映画は、原作にない話もあるが、原作通りと思った。
特に山崎勉が死ぬ間際に自分の事を語る場面は良く覚えている!  秀作と思う!
教訓じみた話がある。
12
「人生は教訓に満ちている。しかし万人にあてはまる教訓は一つもない。殺すな、盗むなという原則さえ絶対でないのだ」
「医者を長くやっていればいるほど、医術と言うものがどんなに無力かと言う事が分かる」
「人間ほど尊く美しく清らかなものはない。また人間ほど卑しく汚らわしく、愚鈍で貪欲でいやらしいものはない」
12
12
著者は、下町人情物が本分である?
貧しい人、ひたむきに生きている人。
どうしょうもない人も多い!
12
12
最初からお仕着せを着ないと決めている。
それが着るようになる。  本では、さらりと流している・・・・・・
がこの場面、NHKドラマ、赤ひげが良い!
「私が医者だ。何故言わなかった。」
「何故医者だと分かるんですか?お仕着せを着ていないじゃないですか!」
愕然とする保本。  それを横目で見ている赤ひげ!
保本がようやくお仕着せを着る。 賄の女たちが喜ぶ場面は最高に良かった!
映画では、同僚の森半太夫が驚いた顔をしてみる。
喜んでいる表情がありありと出ていた。
そのまま外に出て、お仕着せで医者だと分かっているので呼び止められる。
この場面もホッとする!
原作では子供の長次の親が一家心中を図る。  子供4人とも死ぬ。
映画では助かる!  これは助けて欲しかった!可哀想になる!
12
12
最後は元婚約者を許す!
その妹と婚約する!  内藤洋子である。  懐かしい!
そして栄達の道を拒み、赤ひげの元に残ろうとする!
12
12
著者の本はでは、「さぶ」 を読んだ。
対比と言うか、「さぶ」を強調するために、「栄治」の事を記述する。
しかし当時の二郎の頭では、これは栄治の本だと思った!
今度読み返してみれば違う感想があると思うが・・・・・・
これから山本周五郎を読んで行きたい。
もう3冊買った。文庫本である。  当然ブックオフである。
奥さんの機嫌が悪くなる!  又楽しみが増えた!
12
12

2017年6月 9日 (金)

本・四次元時計は狂わない-21世紀 文明の逆説 ② (2014/10)・立花 隆

21_2
12
12
Ⅱ 革命の世紀
巨大地震の謎に迫る
東北大震災の後、海底地形を調査している。
世界一の深海掘削船ですべりを調査している。
海底地形が一変しているようだ!!
今後に役立つ資料のようだが………
この調査方法も大変である!!
8,000mも掘る。 パイプを繋ぐが何本繋ぐのか??
12
12
ベトナムの真実
ベトナム戦争は過去のものである??
現在のアメリカの諸悪の根源である??
北ベトナムは周到な用意をしていた。
テト攻勢がある。 混乱したアメリカも直ぐに反撃している。
結局は失敗だったようだ。
がマスコミと言うか、アメリカ国民が巻けたと思った??
なのでアメリカはもう戦えなかったようだ! これは吉田一彦が詳しい1
著者言う、結局は兵站を潰せなかったのが敗因なのか??
12
12
失なわれた密約
著者は田名角栄を評価しているのか??
竹島密約である。  解決せざるをもって、解決をしたとみなす!!
① 両国とも自国領土と主張、反論するのに意義は無い。
② 漁業区域の設定は竹島を自国領土として線引きして重なった部分は共同水域とする
③ 韓国は現状を維持し、警備員の補強、増強、施設の新設、増設は行わない!
④ この合意は今後も引き継ぐ。
韓国はこの合意書類を燃やしている。
これが今の現状である。  この方式を尖閣にも当てはめている。
が、何もしないと言いながら国有化した??  これが問題になっている??
竹島密約は、双方の政治家が実力があった??   顔が違うのか??
12
12
有人宇宙開発無用論
大変良く分かる!
国威発揚は、中国にやらせておけばよい???
必ず事故がある。 人身事故はある。 その時日本では人命軽視と騒ぎ立てるマスコミがいる。
それより、ハヤブサの様に、無人探索で結果を残した方がよい!!
ここで面白い話がある。
この件で、元宇宙飛行士たちの反論がある。
金ではないと!! 自分の金を払わずに言うのかと思うが………
野口家も赤字続きだが、子供に夢を与える為には金を出す!!
親から出して貰える赤字補填金額と、桁違いの税金の額と一緒にしてはならないと思うが………
12
12
黒潮町長の執念
畑村洋太郎の世界である。
東北の震災での、今後の対応を記述していた。
土佐である。 瀬戸内海地方に住んでいると、海は穏やかなものだと思ってしまう。
太平洋の荒波を受けない??
黒潮町では、津波は時間差があるので、山に逃げるようにしている。
そしてその訓練も行っている。 町長に指導力があるのだろう………
やることだけやって、後は山に逃げるようにする。
東北の震災でワザワザ逃げずに津波見物をしようとして亡くなった人もいる??
コンクリートで固めて、自然を破壊する行為では無い。
この町長の後が心配である。 風化しないようにしなければならないと思うが………
12
12
ツングースカの謎
隕石がぶつかった、その隕石の残骸は無かったようだ。
現在では彗星と言われている??
現在であれば、即座にリアルタイムの記録映像がネットの流れる??
この隕石、小惑星等の地球への接近は、他人事ではなくなってきている。
この話は、アイザック・アシモフのエッセイで読んでいる!!
12
12
Ⅲ 知の新時代へ
麻酔とボーイング787
麻酔の話がある。
知らなかったが、何故効くのかハッキリ分からないようだ!!
ボーイング787のリチウムイオン電池の事故がある。これは面白い!!
今回の事故は、事故原因を追究して、その原因を断つのではない。
ありとあらゆるバッテリー事故を想定して、全てに対して完全防止対策を施した。
全部で100を超える事故を想定した。
著者は納得している!!
1212
12
赤とんぼと戦争
太平洋戦争の末期は、赤とんぼで特攻していたようだ??
速度が遅いのは逆にプラスになっている。 構造もそのようである。
戦争の最後はそのようになるようだが………
最近の自爆テロを見ていると、感じる話であるが………
12
12
自動運転の時代
ほとんど生物的な感覚を備えたロボットと言う。
視覚は前方2台ノセンサー、側面センサー2台、後方センサー1台。
後方にはさらに超音波センサー、前方にはアラウンドモニターと言う超広角カメラがある。
付いているコンピューターの能力は何処まで進化するのか???
12
12
クリミア戦争を覚えているか
ロシアVSトルコ、英国、フランスの戦いである。
これについては、「司馬遼太郎 坂に上の雲」にも記述がある。
トルストイも参戦している。
第1次世界大戦の前哨戦とも言う!!
現在に至るまで揉めている。 巨大な国は民族問題がある!!
クリミアも気の毒なのか?? 佐藤優が詳しいが………
12
12
疑惑の細胞
STAP細胞の話がある。
マスコミも自分が正義の代行者と勘違いしている??
マスコミが問題を大きくしている!!
この細胞については、神戸に住んでいるので気になっていた!
理化学研究所も知っている。
小保方、笹井両氏の不適切な関係も言われている!!
出る釘は打たれると言う事と感じるが………
12
12

«本・四次元時計は狂わない-21世紀 文明の逆説 ① (2014/10)・立花 隆

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ