« 「日本人 礼儀作法のしきたり」 飯倉 晴武 | トップページ | 「武田家滅亡」 伊東 潤 »

2011年4月22日 (金)

「昭和のいのち」 石原裕次郎(1968年)

この映画をもう一度見てみたかった。見たのは学生時代だった。
光テレビの番組表に乗っていた時、舞い上がるほど嬉しかった。
やくざ映画では無い。昭和初期の時代を、世の為と信じてテロに走り、もう一度やり直そうとする人間ドラマだ。時代が反映されている。
日活オールスターだ。石原裕次郎・浅丘ルリ子だ!東宝から浜美枝を持って来ている。
和泉雅子・高橋英樹・藤竜也・青木義郎・川地民夫・浜田光男等懐かしい。やはり若い。
辰巳柳太郎・島田正吾と言う大御所がいい味を出している。

20110422_movie


志やぶれ、助けられたテキヤの世界で生きようとする主人公。
敵対するヤクザ組織。最後は一人で殴りこみに行く。
しかしそこで終っている。いい終わり方と思う。変な修羅場は無いほうが良かった!
この見送る浜美枝がいい!
脚本が池上金男だ! 「十三人の刺客」 の脚本家だ。
大変楽しく見れた。まだまだ見たい映画が出て来る事を期待したい!
光テレビを録画してくれる、奥さんには感謝しています。言葉だけですが・・・・・・

« 「日本人 礼儀作法のしきたり」 飯倉 晴武 | トップページ | 「武田家滅亡」 伊東 潤 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和のいのち」 石原裕次郎(1968年):

« 「日本人 礼儀作法のしきたり」 飯倉 晴武 | トップページ | 「武田家滅亡」 伊東 潤 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ