« 摂津本山・摂津の由来(子供の頃の思い出) | トップページ | 物は大切にしましょう? »

2011年4月 6日 (水)

「誰かに話したくなる 日本史こぼれ話200」 二木謙一

軽く読めると思っていつものようにブックオフで買った。
読みやすいと思う。著者の本は何冊か読んでいる。
200の中に関ヶ原の合戦が無い。わざと抜いているのか?
大和・奈良、平安、鎌倉、南北朝・室町、戦国、安土・桃山、江戸、明治となっている。

20110405_book1

こう言う本を読むと必ず確認する場面がある。
鎌倉時代・将軍源実朝を殺した黒幕は誰か?
北条義時黒幕説に対して、永井路子言うところの三浦義村黒幕説!
陰謀好きな立場からは、三浦義村黒幕説が気に入りだ!
「永井路子 執念の家譜」これは面白かった。鎌倉時代に興味を持った一冊だ!
この200ではちゃんと両方の説を記述している。
宝治の乱も記述している。
日本史を200でまとめるのは大変だろう!

« 摂津本山・摂津の由来(子供の頃の思い出) | トップページ | 物は大切にしましょう? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「誰かに話したくなる 日本史こぼれ話200」 二木謙一:

« 摂津本山・摂津の由来(子供の頃の思い出) | トップページ | 物は大切にしましょう? »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ