« 子連れ狼 死に風に向う乳母車(第3作) | トップページ | 「恐竜はなぜ鳥に進化したのか―絶滅も進化も酸素濃度が決めた」 ピーター・D. ウォード »

2011年4月27日 (水)

サスケへの決別(五影会談開始)

ナルトがペインを倒し、木の葉隠れの里の英雄になって一段落した。
この後は奥さんがインターネットから引っ張り出して見せてくれた。
しかしただで見れるなんて凄いです!
ドラマは政治ドラマになりつつある。
本当にはまってしまった!
奥さんは暇なのか、色々調べて教えてくれる。裏話とか・・・・・・・・・
原作者岸本斉史の事も教えてくれる。双子の兄弟らしい!
美大を出ている。
楽しいが、聞きたくない時まで喋ってくるのはやめて欲しい。

6代目火影にダンドウが強引に就任する。
五影会談がはじまる。

20110427_naruto2


個人的偏見と思われそうだが、「ナルト」は10年以上ジャンプに連載されてる。
10歳の子供も成人式を迎える年に成長している。
単なるどたばた喜劇から人生ドラマになってきている。
この辺からのめり込んだ!

サスケが国際手配される。ようやくサスケがきられようとしている。
まだかばおうとするサクラ、ナルト。
いつまでもサスケは操られている歳で無い。自分の意思で動いている。
なのに本人が悪くないと信じるサクラ、ナルト!
まだ木の葉の里に取り戻そうと、無駄な努力をしようとする。この辺は作者も人が悪い?

今回ようやくサスケを木の葉で始末する話になった。
シカマル、チョウジ、イノ、キバ、シノ、ヒナタ、リー、ネジ、テンテン、皆成長した!見ていて楽しい。
サイとシカマルがはっきりサクラに言う!

20110427_naruto3

サイ―「サクラはナルトに頼りすぎている。サスケのことで一生の責任を負わせている」
シカマル―「サクラやナルトの合意がなくても、サスケは木の葉で始末する」
「よう言うた!」 その通りだ!
奥さんが教えてくれたが同じ意見は多いようだ。
めんどくさがり屋のシカマルが成長する。思うに次期火影はシカマルではないか?
彼しかいないと言えば奥さんに反対されそう?
まだまだ楽しめそう!

« 子連れ狼 死に風に向う乳母車(第3作) | トップページ | 「恐竜はなぜ鳥に進化したのか―絶滅も進化も酸素濃度が決めた」 ピーター・D. ウォード »

ナルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サスケへの決別(五影会談開始):

« 子連れ狼 死に風に向う乳母車(第3作) | トップページ | 「恐竜はなぜ鳥に進化したのか―絶滅も進化も酸素濃度が決めた」 ピーター・D. ウォード »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ