« 「軍師 直江兼読(河出文庫)」 坂口 安吾他 | トップページ | ドキュメンタリー 「歴史に残る空中戦:ゼロ戦とF4F」 »

2011年5月30日 (月)

「妻に捧げた1778話 (新潮新書)」 眉村 卓

眉村卓は良く読んだ。相当前だが初めて読んだのは 「司政官」の短編だった。
面白かったので次に長編「消滅の光輪」を読んだ。
それからは色々読んだ。ほとんど角川文庫だ。独特の作風だと思った。
今回題名を見て気になり買った。新書で2004年発行。
余命いくばくもない妻の為に短編・ショートショートを書き続ける。
お百度参りみたいなものだと書かれていたが、大変だったと思う。
19話収めてある。その間にいろいろな思い出?が書かれている。
著者が柔道2段なのは初めて知った。
思い出話・結論が何もない話や色々あり楽しく読めた。
自分が奥さんに何をしてやれるだろうか?
大好きな海外(フランス)にでも連れていくぐらいしか出来ないか!
それも奥さん自身が計画しなければ行けないが・・・・・・・・
内容説明は下記の通りだ。

20110530_book2

余命は一年、そう宣告された妻のために、小説家である夫は、とても不可能と思われる約束をする。しかし、夫はその言葉通り、毎日一篇のお話を書き続けた。五年間頑張った妻が亡くなった日、最後の原稿の最後の行に夫は書いた―「また一緒に暮らしましょう」。妻のために書かれた一七七八篇から選んだ十九篇に、闘病生活と四十年以上にわたる結婚生活を振り返るエッセイを合わせた、ちょっと風変わりな愛妻物語。

« 「軍師 直江兼読(河出文庫)」 坂口 安吾他 | トップページ | ドキュメンタリー 「歴史に残る空中戦:ゼロ戦とF4F」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「妻に捧げた1778話 (新潮新書)」 眉村 卓:

« 「軍師 直江兼読(河出文庫)」 坂口 安吾他 | トップページ | ドキュメンタリー 「歴史に残る空中戦:ゼロ戦とF4F」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ