« ミニシアターの閉館(センタープラザ・三宮シネフェニックス) | トップページ | 「百億の星と千億の生命」 カール セーガン(2004年発行) »

2011年5月 5日 (木)

映画 「ツーリスト」

連休中に奥さんが映画に行こうと言いだした。
センタープラザのシネフェニックスが8日で閉まるので、最後に行きたいと言う事で行った。
行く映画は二郎の好みを考えてくれている。
アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップの「ツーリスト」だ!
どっちが主演なのか?
内容は下記の通りだ。


逃亡中の国際指名手配犯、アレキサンダー・ピアースの恋人、エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)もとに手紙が届く。「8時22分、リヨン駅発の列車に乗り、僕の体型に似た男を捜せ」。指定されたヴェネチア行きの便に乗ったエリーズは、ある男に声をかける。その彼はアメリカ人ツーリストのフランク(ジョニー・デップ)。戸惑フランクをよそに、エリーズはヴェネチアの高級ホテルに誘う。そんな二人の様子は、スコートランド・ヤードの刑事に見張られていた。

主人公二人が、パリから始まりベニスに行く。それを監視するスコットランドヤード。

20110504_movie4

ツーリスト・フランク ベニス サンタルチア駅で


ベニスの町が映った!ここは行った事があるだけに楽しい。4日間滞在したので、見た風景が出て来て嬉しい。
追跡場面で、実際に運河沿いに道が無く行きにくかった状況が描かれていたが良く分かる。

ストーリーはスピーデイに展開する。
燃やした手紙、黒焦げから復元する。本当に出来るのだろう!
ツーリスト役のジョニー・デップが、少し抜けているのを上手く演じていた。これがコメディ的にしているのでは・・・・・

20110504_movie3

エリーズ 最高級ホテル、ダニエリで  

エリーズがイギリス諜報員?(財務省?)だったのが途中で分かる。
整形手術したフランクが、エリーズに同じ体系の男を探せと言うのは自分の事を言っていたのか?
エリーズはロシアの犯罪組織との最後の対決。フランクはスコットランドヤードに捕まっていながら、抜け出してクライマックスの場面に立ち向かう。

20110504_movie1

スコットランドヤードの現場担当者 とツーリスト・フランク

狙撃手に一瞬にして、ロシアの犯罪組織は倒れる!
フランクが手錠を外しエリーズを助けに行った時、フランクとピアーズが同じ人物であって欲しく無かったが・・・・・・・

事件はフランクが残した小切手で解決された。ロシア犯罪組織は潰れ、税金の滞納者を追っていたスコットランドヤードは、納税分の小切手を残したフランク(ピアーズ)に満足し事件解決にする。が、現場責任者は諦めきれない!

観客は多く無かったので、のんびり楽しく鑑賞出来ました。

« ミニシアターの閉館(センタープラザ・三宮シネフェニックス) | トップページ | 「百億の星と千億の生命」 カール セーガン(2004年発行) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「ツーリスト」:

« ミニシアターの閉館(センタープラザ・三宮シネフェニックス) | トップページ | 「百億の星と千億の生命」 カール セーガン(2004年発行) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ