« ナルト 忍び連合軍結成 | トップページ | ナルト サクラの告白と怒り »

2011年5月13日 (金)

ナルト サクラがナルトを追って鉄の国へ

サスケを木の葉で始末する決定を、サクラがナルトに伝えに行く。
キバ・サイ・リーが同行する。キバの出番が多くなってきた。
ようやくナルトに出会う。

20110512_naruto3

キバ、サクラ、リー、サイ

がその前に、マダラがナルトにサスケの真実?を伝える。
マダラがナルトに興味を持ったと言い、話をしに来る。
木の葉の里の創始者である、千手家とウチハ家の確執。
ウチハイタチの真実から始まる。(これは前に聞いている話だ!)

そして忍びの始祖、「六道仙人」の話になる。
六道仙人には二人の息子がいた。が、後継者問題で二人は争うことになる。二人の子孫が千手とウチハで、後々にまで争いが続くことになる。
千手-ナルト、ウチハ-サスケで、新たな戦いをさせるつもりのマダラ。

カカシが「六道仙人は神話の人物だ」と言うと、「神話は事実に基づいている」とマダラが答える。同感である!

20110512_naruto4

六道仙人の長男 ウチハの先祖

20110512_naruto5

六道仙人の二男、千住の先祖

サスケが兄イタチの真実を聞き、復讐にとりつかれたことを聞いたナルトは
「お前がサスケをそんな風にしたのか?」と、マダラに問う。

サクラは、昏睡状態の綱出が回復したら、サスケの国際手配から救ってくれると信じていた。ナルトもサクラもおかしい。サスケも大人だ!自分の意思で動いている。
人の意見に左右される事は無い


シカマルはやはり次期リーダーだ!
大局観で判断してサスケを始末する判断をした。
サスケが襲ったキラービーの一族が、サスケをどう思うか?
それが分からないサクラにナルト。
犯罪者のサスケが犯した罪を、ナルトとサクラが謝ってもどうにもならない。
キラービーの兄、雷影に謝りに行ったナルトが、はっきりと雷影に言われた。

ナルトの同期のメンバーがそれぞれ成長していくのは楽しい。
成長の無いのはナルトと同類項のリーか!

« ナルト 忍び連合軍結成 | トップページ | ナルト サクラの告白と怒り »

ナルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナルト サクラがナルトを追って鉄の国へ:

« ナルト 忍び連合軍結成 | トップページ | ナルト サクラの告白と怒り »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ