« 本・「三人の二代目」 堺屋太一 | トップページ | 本・備中高松城 「三人の二代目」 堺屋太一 »

2011年6月 7日 (火)

本・越中魚津城 「三人の二代目」 堺屋太一

この本では織田信長は避けて通れない。
本能寺の変の時、越中魚津城と備中高松城が落城した。同じ日だったようだ。
運命と言うものを感じる。
両城とも行った事がある。
まず越中魚津城から思う事をアップしたい。


魚津城跡は小学校になっている。石碑があるだけで嬉しそうにしていて奥さんに感心された。
越中魚津城が落城した時、NHK天地人では、上杉は戦線の縮小を考えていた事になっている。
戦線の縮小とはかっこいいが、実際は領土を守れない事だ。
魚津城は捨て城である。
現実には景勝が援軍をひきいて来たが、春日山城を攻められそうになって引き上げた。
つまり風前の灯だったようだ。上杉は滅亡の運命だったようだ。
かわいそうだったのは新発田とか織田と結んだ連中だ。
どちらかと言うと時勢を見る目があったにも関わらず、梯子を外されたようになった。
下駄をはくまで分からないと言う事である。

本能寺の変をプラスに出来たのは景勝・兼読のちからなのか。
迷い込んだ運はつかまなければならない。
名門ほど秀吉の傘下になるのはプライドが許さないだろう。

司馬遼太郎の小説の中で、謙信の古戦場を見た秀吉が、「田舎大名」と言った話があった。
要は現場の投機者だと・・・・・
戦いと言う物は戦場に出る前に決していなければならない。
戦略家と戦術家の違いを言っているようだ!

謙信は戦術家として日本でも最高と言えるほど戦いには強い!
NHK天地人の魚津城落城シーンはよかった。
織田信長が死ななければ、越後は柴田勝家のものになったのだろうか?

「大河ドラマ『天地人』の舞台、越中魚津城」 奥さんのブログ記事

12

堺屋太一

12

« 本・「三人の二代目」 堺屋太一 | トップページ | 本・備中高松城 「三人の二代目」 堺屋太一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 上杉氏(越後・謙信他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・越中魚津城 「三人の二代目」 堺屋太一:

« 本・「三人の二代目」 堺屋太一 | トップページ | 本・備中高松城 「三人の二代目」 堺屋太一 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ