« ドラマ 「坂の上の雲」 に感動! 伊予松山へいざ出発! | トップページ | ドラマ・坂の上の雲②「真之の青春時代」 »

2011年6月18日 (土)

ドラマ・坂の上の雲① 「見る前に・・・」

このドラマは放映時のがハードデスクに録画してある。
途中抜けているが・・・・・・
いつか見なけれなならないと思っていたが、なかなか時間が無かった。
今回奥さんのおかげで、オンデマンドで第一部を全部見た。
メチャメチャ面白かった!

原作は何回か読みなおしている。
学生時代、司馬遼太郎の 「関ヶ原」 を学校の図書館で借りて読んだ。
その中に「殉死」があった。乃木希典が描かれていた。
その本が日露戦争と乃木希典のイメージになっている。
児玉源太郎の名前もその本で知った。
ついでに言うとメッケル少佐の名前もここで知った。
プロシア・ドイツ参謀本部については渡部昇一が詳しかった。これも面白かった。
読んだのは「ドイツ参謀本部」中公新書だったが、今は揉めて出版されていない。
他社から出版されている。渡部昇一の言い分は知っているが・・・・・
すぐに脱線する。本題に戻す。

司馬遼太郎は、好き嫌いがわりにはっきりしているのではないか!
藤堂高虎は好んでない。よく書かれているのは皆無ではないかと思う。
その影響を受けて、自分も好きではない。
その延長で乃木希典も、司馬遼太郎の影響で好きではない。

20110617_book1

その後、「坂の上の雲」 を読んだ。親父が買っていたのを読まして貰った。
メチャメチャ面白かった。
何年か前に古本屋で文庫本で買い、改めて全部読んだ事がある。
学生時代と、その後の数年と、今とでは考え方が違ってきている。
その頃読んだ本では、「坂の上の雲」 程興奮しなかった。
「覇王の家・空海の風景・城塞・箱根の坂・播磨灘物語・・・・・・・」
年月を隔てて、いずれも読み返してみたが、興奮する面白さだ!
考え方も違って来ているのだろう。自分でも年をとったと思う。


話がそれたが 「坂の上の雲」だ!
司馬遼太郎は映像化に難色を示したそうだ。
そりゃこれだけのドラマだ!
日露戦争の戦闘シーン・奉天会戦・日本海海戦等映像化出来るのかと思われても仕方がない。
NHKからの申し入れに対しても、考えに考えて断ったらしい。
この本の影響は大きいと言われている。
日露戦争の認識に大きく影響していると思う。
乃木希典の評価、凡将と言うのは確かに司馬遼太郎の影響だ。
検証されている内容はほとんど凡将ではないと言うのが多そうだ!
長くなる。稿を改めたい。

« ドラマ 「坂の上の雲」 に感動! 伊予松山へいざ出発! | トップページ | ドラマ・坂の上の雲②「真之の青春時代」 »

坂の上の雲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ・坂の上の雲① 「見る前に・・・」:

« ドラマ 「坂の上の雲」 に感動! 伊予松山へいざ出発! | トップページ | ドラマ・坂の上の雲②「真之の青春時代」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ