« ドラマ・坂の上の雲⑦ 明治の風景 | トップページ | ドラマ・坂の上の雲 ⑨ (指揮官とは① 乃木希典) »

2011年6月21日 (火)

ドラマ・坂の上の雲⑧ (日露開戦前・騎兵)

明治の軍隊は偵察と言うか敵状判断を、自分の目でやらなければならなかったらしい。
開戦前好古がロシアに招待される。
猿を驚かすために!
騎兵と言う職種は特異なものだそうだ。
空挺部隊にも通じる。

20110621_sakanoue12

好古は清国駐屯軍司令官に就任。清国の直隷総督と一緒に大草原を行く


好古はロシア騎兵との戦いに、現実をもって戦ったそうだ。
サーベルをふるって突撃する騎兵と騎兵!
馬上相打つ騎兵戦。男ならやりたかったと思う。
冷静に判断して、体格も劣る、馬も貧弱な日本騎兵が最強と言われるロシアコサック騎兵に対抗できない。
その対策が、ドラマにもあったが機関銃を持って行ったようだ!
旅順では突撃が多かったようだが・・・・


騎兵と言えば印象に残る映画がある。テレビで見た。
「ユル・ブリンナー、トニー・カーチス 隊長ブーリバ」
ドラマより騎兵の集団に圧倒された。
「ロッドスタイガー ワーテルロー」
フランスとイギリスの騎兵の激突が凄かった!人馬共倒れる。迫力はある。
将軍ネイ自ら突撃する。
ネイはよく知っている。ナポレオンのロシア撤退時、しんがりを務め 「勇者の中の勇者」 とたたえられた。
これは学生時代映画館で見た。


そう言う英雄的な戦いは出来なかったようだ!
司馬遼太郎は戦車兵なので、騎兵の事も分かり易いかったと思う。
同じ様に敵の砲火を浴びる。

彼我の兵力の差を把握して計画を立てている。
明治の将軍は偉い。給料が丸善、軍事書に消える将軍も沢山いたようだ。
それだけ勉強していると言う事か?

明治と昭和の違いか!

« ドラマ・坂の上の雲⑦ 明治の風景 | トップページ | ドラマ・坂の上の雲 ⑨ (指揮官とは① 乃木希典) »

坂の上の雲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ・坂の上の雲⑧ (日露開戦前・騎兵):

« ドラマ・坂の上の雲⑦ 明治の風景 | トップページ | ドラマ・坂の上の雲 ⑨ (指揮官とは① 乃木希典) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ