« ドラマ・坂の上の雲⑥ (日露開戦まで) | トップページ | ドラマ・坂の上の雲⑧ (日露開戦前・騎兵) »

2011年6月21日 (火)

ドラマ・坂の上の雲⑦ 明治の風景

正岡子規が亡くなる。
短くとも、生きた事を実感できる人生だったんだろう。
このあたりは明治の風景がよく分かる。


柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺。
春や昔  十五万石の 城下哉。


正岡子規と言う事が分かったのは学生時代の後期だった。

20110621_sakanoue11

病床の子規を見舞う真之

上流階級の娘たちは、華やかである。
自転車の乗り方を外人が教えている。
人力車がタクシーの代わりだった。
偉くなるにつれて真之も人力車に乗る場面が増えて来ている。


ロケ地を調べたら日本全国のようだ。
つくば未来市・千葉・熊本・松山・広島・犬山・・・・・
犬山は明治村を使ったようだ!
律が駆け抜けていく昔の屋根付きの橋?
これは愛媛の内子にあるようだ!
ここは見に行きたい!


それにしても凄いと思う!

明治は遠くなりにけりか!

« ドラマ・坂の上の雲⑥ (日露開戦まで) | トップページ | ドラマ・坂の上の雲⑧ (日露開戦前・騎兵) »

坂の上の雲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ・坂の上の雲⑦ 明治の風景:

« ドラマ・坂の上の雲⑥ (日露開戦まで) | トップページ | ドラマ・坂の上の雲⑧ (日露開戦前・騎兵) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ