« NHKスペシャル・沸騰都市 イスタンブール(2008~2009年放映) | トップページ | 抽選会は楽しい! 偶然か?実力か? »

2011年6月 2日 (木)

「石田三成 (中公文庫)」  桑田 忠親

本屋で見つけた。前は講談社文庫で読み損ねたが、今回は珍しく買って読んだ。
早く読める。石田三成は好きな武将だ。出なければ何もない佐和山城跡まで、奥さんに感心?されてまで行かない!内容説明は下記の通りだ。


石田三成にまつわる陰湿なイメージは、江戸時代、幕府御用学者によって捏造された虚像である。亡き秀吉の信頼と恩顧にこたえ、大敵・家康に挑んだ関ヶ原西軍の主将。直情径行かつ忠節の臣として三成を再評価し、その行動と真の人物像にせまる。

20110601_book2

内容より著者の経歴に興味があった。明智光秀反逆の、いわゆる「高柳・桑田論争」だ!
当時の新史料や文献の解釈・歴史的推理等の展開により研究を進め、武士の面目を傷つけられたことにより 「本能寺の変怨恨説」  を説く。高柳は既に、「野望説」 を唱えており、二人の論争が始まったとされる。
両者とも大御所になるのでどちらも正しいと思ってしまう。
石田三成については小説はよく読む。下記の本が面白かった。

石田三成復刻版―戦国を差配した才知と矜持 [ムック] 
石田三成―「知の参謀」の実像(PHP新書) 小和田 哲男
石田三成(光文社時代小説文庫) 尾崎 士郎


冷静に評価していると思う。しかし、著者どれだけ資料を読んでいるのかと思う!
恐ろしい量だと思う。その中から信頼出来る資料を選ぶのは大変と思う。
うかつに記述すれば何を言われるか分からない!
石田三成については、改めて再認識出来た本である。
枝になるので書かれていないのか、家臣については書かれていない。
それが物足りなかった。
あともし関ヶ原に勝った場合の政権構想、これは架空戦記なるので書かれていなくて正解か!
読んで良かった。

« NHKスペシャル・沸騰都市 イスタンブール(2008~2009年放映) | トップページ | 抽選会は楽しい! 偶然か?実力か? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 石田三成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「石田三成 (中公文庫)」  桑田 忠親:

« NHKスペシャル・沸騰都市 イスタンブール(2008~2009年放映) | トップページ | 抽選会は楽しい! 偶然か?実力か? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ