« エスカレーターで思った事 | トップページ | ナルト サスケ対サクラ »

2011年7月28日 (木)

ナルト サスケ対ダンゾウ

恨みに、復讐に取りつかれたサスケがダンゾウに襲いかかる。
ダンゾウがキモイ!
腕に写輪眼がついている。ウチハの血統だけがもつ写輪眼を腕に移植している。
能力を高めるためには沢山の写輪眼があった方がよい。
これを見ているとマダラ言うところの、ダンゾウと大蛇丸が結びついていたのは納得出来る。
この戦いも複雑である。

20110728_naruto2_2 

ダンゾウはサスケとの戦いに全力を出せない。
マダラがいる為に、対マダラ用に力を残しておかなければならない。
サスケに勝つつもりでいる。
マアいろんな技が出て来る。
最後にダンゾウが勝ったと思ったが、わずかな差を作戦でサスケがものにする。

兄のイタチの方が優れている。と言われるが、サスケが踏ん張った!
ダンゾウが負ける。
しかしダンゾウも信念がある。
正しいかどうかは分からないが、ダンゾウなりの忍びの哲学を持っている。
三代目火影にライバル心を燃やし、裏の組織「根」で自分の世界を作った。五代目火影がこん睡状態を機に、おのれの思うがままに忍び世界を操ろうと、強引に六代目火影の座についたが、アッと言う間にダンゾウの時代は終わってしまった。

20110728_naruto3

サスケは非常になる。
足手まといになった香燐を盾に取ったダンゾウごと貫き殺す。
香燐は虫の息だ。
ダンゾウはそれでも最後はマダラとサスケを道連れに死のうとする。
マダラがダンゾウのウチハシスイの写輪眼を回収にしようとするが、ダンゾウが自分で潰している。
ここらは自分で自分の始末をした。
己の信念に生き、闇に生きた一人の忍びの時代が終わった。

20110728_naruto4


« エスカレーターで思った事 | トップページ | ナルト サスケ対サクラ »

ナルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナルト サスケ対ダンゾウ:

« エスカレーターで思った事 | トップページ | ナルト サスケ対サクラ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ