« 坂の上の雲・ 戦国武将 加藤嘉明 「かんぴょう」 | トップページ | 坂の上の雲・ 戦国武将、渡辺了・睡庵・意地 »

2011年7月24日 (日)

坂の上の雲・戦国武将・藤堂高虎・寝業師

坂の上の雲を見ていたら藤堂高虎を思い出した。
好きではないとたびたび記述した。
何故か知らないが嫌いである。(本当は分かっているが・・・・・)
司馬遼太郎の影響と思っている。

松山の隣の宇和島城・今治城は高虎の築城だ。
加藤嘉明と中が悪かったそうだ。

「武士たるもの七度主君を変えねば武士とは言えぬ」
それを実践したと言われる。
高虎については全部司馬遼太郎の受け売りだ。
豊臣秀吉自身が築城家である。そして黒田孝高(如水)が有名である。
その下に若手築城家として加藤清正・藤堂高虎をあげている。
高虎は築城技術に長け、宇和島城・今治城・篠山城・津城・伊賀上野城・膳所城などを築城した。

全部行った!高虎の築城は石垣を高く積み上げることと堀の設計に特徴があり、同じ築城の名手でも石垣の反りを重視する加藤清正と対比される。
高虎の名言がある。遺言でもある。(まともすぎる・・・・・・)

①仁義礼智信、一つでも欠ければ、諸々の道は成就しがたい
②人の善悪は友によって決まるものだ。身分の上下を問わず、良き人であれば、及ばないながらも真似をし、悪い人の真似はかりそめにもしてはならない。
③寝室を出る時から、今日は死ぬ番であると心に決めなさい。その覚悟があればものに動ずることがない。

先を見る目があり過ぎたのだろう。①なんか、お前が言うか!と言いたい。
阿閉貞征・同じく浅井氏旧臣の磯野員昌・信長の甥・織田信澄・羽柴秀吉の弟・羽柴秀長・甥で養子の豊臣秀保・豊臣秀吉・徳川家康と仕えたようだ。
徳川家康に仕える前後は確かに寝業師だ!関ヶ原の家康勝利の影の功労者か?
やり過ぎたのだろう。だが家は残った!福島正則・加藤清正・加藤嘉明は取りつぶされたが・・・・・

徳川の先鋒は譜代の井伊と外様の藤堂とする。
幕末見事に官軍に寝返った。司馬遼太郎が 
「藩祖高虎の体臭が染みついている」 と言うような事を言っていた。
別の小説には、もともと勤皇の志があったからと・・・・・・
これはええように書き過ぎ!絶対に違う!
こう言う話もある。官軍の日光東照宮に対する攻撃命令は 
「藩祖が賜った大恩がある」 として拒否したようだ。
又羽柴秀長に対しては忠実だったようだ。

20110724_toudou

「関ヶ原」「城塞」「侍大将の胸毛」
主人公ではないが、これらの中では狡猾な人物として描かれている。
申し訳ないがその印象が染みついている!他の作家の本は読んだ事はあるが、これ以上読みたくない。
水戸と会津は重要拠点である。秀吉は佐竹義宣・上杉景勝を置いた。
徳川は水戸は御三家で、会津には最初は藤堂高虎をもって行こうとしたが、高虎は加藤嘉明を推薦したそうだ。
加藤嘉明は礼を言ったそうだが、何か裏がありそう・・・・・・
高虎の騎馬の武者象は近江の甲良町と伊勢津城で見た。なかなか良いと思った。
今は今治城にもあるそうだ!

マア戦国を代表する武将なので、あってもおかしくは無いが、好きでは無い!
隆慶一郎 「影武者徳川家康」 がある。これに脇役で高虎が出て来る。いくさ人として!
秀忠と家康の寿命を考えて秀忠につこうとして、迷う!
この描き方が一番高虎を表しているような気がする。偏見ですが・・・・・・・

« 坂の上の雲・ 戦国武将 加藤嘉明 「かんぴょう」 | トップページ | 坂の上の雲・ 戦国武将、渡辺了・睡庵・意地 »

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

坂の上の雲」カテゴリの記事

 藤堂高虎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂の上の雲・戦国武将・藤堂高虎・寝業師:

« 坂の上の雲・ 戦国武将 加藤嘉明 「かんぴょう」 | トップページ | 坂の上の雲・ 戦国武将、渡辺了・睡庵・意地 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ