« イケアでの買い物はついつい余計な物まで買ってしまう理由 | トップページ | リンカーンの演説・「人民の人民による人民のための政治」 »

2011年9月14日 (水)

DVD・テレビドラマ・外交官 黒田康作

このシリーズは織田裕二が演じる外交官、黒田康作が、邦人を守るために世界で活躍する。
ドラマは  「映画・アマルフィ」 から1年後の設定だ!
「アマルフィ」 はDVDで、「アンダルシア」 は映画を見た。
それからこのだラマを見た。順番がずれた!
結論は面白かったです!

20110914_kuroda_2

薬害訴訟と復讐の話がエピソードを交えてすすむ!
某国の王女。奇麗な役者だった。本筋とは関係ないが・・・・・
アメリカロケをしている。メキシコへは行かなかったようだ!
メキシコからは内容に対して抗議が来たそうだ。
この手のドラマの定石とも言える配役が出て来る。

新米デカ?柴咲コウ・外務副大臣秘書官萩原聖人・刑事部管理官田中哲司・黒田の上司芳賀丈二が上手かった。
あまりテレビドラマは見ないので俳優の事は分からない。

が外務副大臣秘書官・刑事部管理官が印象的だ。
やはり犯人は意外なところにいる。と言うよりそう言う風につくっている。

萩原聖人:なよなよとしていながら切れるとい感じを出している。
犯人であって欲しく無いと思う人が犯人だった。そう言うのは多い!

田中哲司:切れ者であり信念を持っている。最初は黒田と対立する。アンダルシアの神足と同じだ!
公安に捜査を邪魔され最後には意地を見せる。
黒田に共闘を持ちかける。なかなか上手かった!情報も黒田に流す。

柴咲コウ:新米振りを見せる。上手く演じていたと思う。だんだん成長してくる。
アマルフィの戸田恵梨香と同じで成長していく過程が面白い。本来はもっときつく演じれると思うが・・・・・

ジョン - イ・ビョンホン:得な役者だ。いいとこどりと言う感じ。特別出演だが出ているだけで絵になる。
最初と最後に出て来る!

外務大臣が変わる。
アンダルシア:平田満。ドラマ:近藤正臣。アンダルシア:夏木勲と変わった。草刈民代も外務大臣になる。
良く変わると思うが、今の日本では変わって当たり前なのか?

このDVDは6巻あるが全部 「アンダルシア」 の予告編が入っている。
音楽は同じのが流れている。いい感じだ!
最終回前の黒田の説得の場面は長過ぎた感じがする。

最終回、もう協力出来ないと思った柴咲コウもやはり協力する。
外務省のキャリアも協力する。
当然刑事部管理官も協力する。
一番の大物は草刈民代だ。協力する。
こう言う場面はまず無いだろう!

しかし総理の犯罪の結末はあり得る話と思う。
柴咲コウが最後に黒田を探すが、ためらった後黒田は柴咲コウを無視して行く。柴咲コウが可哀想!
柴咲コウは本庁に引き抜かれたようだ。
最後に監理官と部下と捜査の時の食事でおでんを食べているが、黒田の好きなチクワブを食べている場面があった。
よかったよかった!
ちょっと思ったが皆のコートが良く似合っていた。黒田の紺。刑事部管理官の黒。柴咲コウのこげ茶・・・・

パリでガレットの店の場所を聞く黒田の姿で、「アンダルシア」に結びつけた。コートはおうど色だった!
面白かったです!

追記
海外にいる黒田が日本にどうしても調べなければならない物があるので一時帰国する。
その過程で陰謀に巻き込まれる。公安がらみだ!
その時同じく一時帰国していた戸田恵梨香。
協力する。同じく偉くなって貫禄の付いた柴咲コウ。刑事部管理官。外務省官僚。
皆黒田に協力する。天海 祐希も看護師役で出て来る。
その過程で3人の女性のせめぎ合い!
ついでに言うと草刈民代もこれにからむ。
そんなスペシャル番組を作ってくれないかな・・・・・・・・

« イケアでの買い物はついつい余計な物まで買ってしまう理由 | トップページ | リンカーンの演説・「人民の人民による人民のための政治」 »

テレビ番組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVD・テレビドラマ・外交官 黒田康作:

« イケアでの買い物はついつい余計な物まで買ってしまう理由 | トップページ | リンカーンの演説・「人民の人民による人民のための政治」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ