« 個人の権利は何処まで守るべきか! | トップページ | 「生物多様性のウソ」 武田邦彦(2011年発行) »

2011年9月26日 (月)

蒲生家浪人、蒲生頼郷・蒲生郷舎

石田三成は関ヶ原で奮戦した。その武将達の中で、蒲生家浪人で三成に召抱えられた人は多い。 

蒲生頼郷・蒲生郷舎等、沢山いた。戦史したものも多い。 

司馬遼太郎も間違っていたのか、両者をごっちゃにしている。 

蒲生郷舎が戦死したとなっているが、戦史したのは蒲生頼郷の方らしい。 

それにしても分かり難い原因は氏郷にある。蒲生の姓を与え名前も郷の字を与えている。 

有難味が無くなる。 

しかし嶋左近とともに奮戦したようだ。 

これから見ても反徳川の蒲生氏郷は生きていて欲しかった武将だ! 

関ヶ原は無かったかもしれない。関東平野での決戦となっていたかも知れない・・・・

 

蒲生頼郷 

近江国蒲生郡日野の横山村出身。初め六角氏の家臣であったが、織田信長の上洛時に六角氏は滅亡したため、蒲生氏に仕えた。天正15年(1587年)、九州征伐に従軍して、岩石城攻めで軍奉行を務めた。戦後、主君・蒲生氏郷より「蒲生」の姓と「郷」の一字を与えられ蒲生頼郷と名乗った。蒲生秀行の下野宇都宮移封後に出奔し、石田三成に仕えた。関ヶ原の戦いでは島清興とともに奮戦し、東軍の織田有楽を負傷させるなどの活躍を見せるが、その後討ち取られた。

 

蒲生郷舎 

尾張国出身。初め坂源兵衛。父の郷成は坂氏出身であり、関十郎兵衛、柴田勝家に仕えた後に蒲生氏に仕官した。九州攻めで戦功を挙げ、蒲生姓と郷舎の名を賜う。主君蒲生氏郷が陸奥国会津に移封されると、郷成、郷舎父子は白石城4万石に封ぜられる。しかし、氏郷が死亡すると、幼君秀行の下、重臣間での軋轢が表面化し、合戦にまで発展する(蒲生騒動)。郷舎は父、兄郷喜が残留する中、蒲生家を出奔して浪人となり、石田三成に仕える。関ヶ原の戦いの後、父と兄が残った蒲生家に帰参。

 

 

« 個人の権利は何処まで守るべきか! | トップページ | 「生物多様性のウソ」 武田邦彦(2011年発行) »

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 会津 (蒲生氏郷・保科正之他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蒲生家浪人、蒲生頼郷・蒲生郷舎:

« 個人の権利は何処まで守るべきか! | トップページ | 「生物多様性のウソ」 武田邦彦(2011年発行) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ