« 日教組・輿石 東・鵺 (個人的偏見) | トップページ | 「日本国境戦争 21世紀・日本の海をめぐる攻防」②・ 山田 吉彦 »

2011年10月 6日 (木)

「日本国境戦争 21世紀・日本の海をめぐる攻防」①・ 山田 吉彦

2010年9月、日本を震憾させた尖閣事件。しかし、事は決して突発的に起こったわけではない。日本の国力低下と政治的迷走を狙いすますかのように、日本の領土・領海を狙う近隣諸国とのせめぎ合いは、近年激しさを増している。日本はもう10年も前から“戦争”状態にあるのだ。「海上の国境」をめぐる日本と中国、台湾、韓国、北朝鮮、ロシアの思惑、そして攻防の歴史をたどりながら、「海に守られた日本」から「海を守る日本」へのパラダイムシフトを提言する警世の一書。

20111005_book1



フジテレビのニュースJAPANで北方領土の特集をやっていた。現在のロシアの実効支配と言うか、もう根づいている状態を写していた。ああなるんだろう!
かって見たNHKスペシャル 「大モンゴル」 にクルミアタタールの話があった。ロシアに侵攻したモンゴル。ソ連はその末裔を移住させるがソ連崩壊後戻って来ている話があった。
領土問題は難しいのだろう!そう言う意味では日本は島国なので恵まれていると思う。
が中国・ロシア・韓国と問題だらけである。
たまたま目についた本である。と言っても内容には昔から興味があった。
初めに南シナ海・東シナ海の事が記述されている。
この部分だけ読んでいたら、「合従連衡」 を思い出した。


ロシアの北方4島の実効支配。露骨に軍事面での増強を図っている!
中国の進出。
フィリッピン・ベトナムとの問題。一国では中国に対抗できない。
がベトナムは懲罰を与えるとして侵攻して来た中国を敗退させた国だったはず!
でも今の圧倒的な軍事力の前にはアジアでは誰も対抗できない。
東南アジア連合で中国と対抗する。合従策か?
合従策を提唱する、出来る政治家がいるのだだろうか?
はたまた中国に媚を売り、属国となる連衡策か?
したたかな中国だ!各個撃破で来るだろう!
要は日本としてどうするのか?考えさせられる!
資源・水・食糧・領土と問題だらけなのにと思う・・・・・・


各章の内容は下記の通りだ!
第1章 仕組まれた衝突――尖閣事件の全容
第2章 日本国境戦争10年の攻防
第3章 尖閣、竹島、北方領土――日本の海はこうして守れ!
各章ごとに思いついた事をまとめたい。

« 日教組・輿石 東・鵺 (個人的偏見) | トップページ | 「日本国境戦争 21世紀・日本の海をめぐる攻防」②・ 山田 吉彦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 日教組・輿石 東・鵺 (個人的偏見) | トップページ | 「日本国境戦争 21世紀・日本の海をめぐる攻防」②・ 山田 吉彦 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ