« 「日本国境戦争 21世紀・日本の海をめぐる攻防」④・ 山田 吉彦 | トップページ | つねに願いなさい! マーフィー&リンカーン »

2011年10月 6日 (木)

映画(DVD)・「必死剣 鳥刺し」

 藤沢周平の短編時代小説 「必死剣 鳥刺し」を原作とした時代劇で、『隠し剣 鬼の爪』、『武士の一分』に続いて3作目である。キャッチコピーは 「死ぬことさえ、許されない。ならば、運命を斬り開くまで」

20111006_movie


藤沢ワールドだ!主人公は真面目に生きる目立たない武士がほとんどだ!
藤沢作品はほとんど全部読んだ!藤沢周平は好きだ。下町人情物と言うか、江戸時代の武士の生きざまを描く。
短編を映画化した。丁度良い時間と思う。2時間ほどの映画だ!

物語は淡々と流れる。豊川悦二が武骨で実直な感じを上手く演じている。
小説なのだが、女が政治に口を出せばろくな事は無い。
中国古典からも沢山例がある。
映画を見てから立ち読みに言った。読んだが忘れている。
読んでいるうちに思い出すかと思ったが、やはり忘れていた。
例によって東北の小藩・海坂藩が舞台だ。

藩主は側室・連子に入れあげ、彼女にそそのかされるまま奢侈を重ねていた。
兼見三左ェ門は殿や他の藩士たちが見守る中で連子を刺殺する。確信犯だ!
「1年の閉門並びに降格」 とあまりに軽いものだった。無事に刑期をすごす。
したっている姪の里尾。分かっているだけに嫁に出そうとする。女の幸せは嫁に行く事だ。が離縁されて戻って来ている里尾は言い返す。「私は嫁に行っても幸せではありませんでした。ここにおいて下さい!」 返す言葉が無い。
結局兼見は里尾を抱く!

その後の中老津田の陰謀。
藩主の従弟・隼人正が藩主に会いに来る。刀をもったまま・・・・・
兼見がこれを止める。隼人正を刺した剣が 「必死剣 鳥刺し」 かと思ったが違った。
兼見の乱心と言う事を中老津田が言う。要は従弟・隼人正を兼見に切らせ、その後藩主の連子の仇を討たそうとしたのだ。
その為に軽い処罰ですましたのだ。

切り合いが始まるが、皆とどまっている。この殺陣は迫力があった。
最後はこと切れたかと思わせる。その最後に 必死剣 鳥刺し で中老津田を刺す。
その前から死んでいたのか?
エンデングは兼見を待ち続ける、赤ちゃんを抱いた里尾だ!
「今日も迎えに来なかった」
面白かったです!

« 「日本国境戦争 21世紀・日本の海をめぐる攻防」④・ 山田 吉彦 | トップページ | つねに願いなさい! マーフィー&リンカーン »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画(DVD)・「必死剣 鳥刺し」:

« 「日本国境戦争 21世紀・日本の海をめぐる攻防」④・ 山田 吉彦 | トップページ | つねに願いなさい! マーフィー&リンカーン »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ