« 戦国武将・剣客・柳生宗章・柳生新陰流 | トップページ | 食べ残しを見て・・・・・(ラーメン屋にて) »

2011年10月 8日 (土)

映画 「スリーデイズ」

久しぶりの映画だ。何を見るか迷ったが、ラッセルクロウが決め手になった。
売り文句は見て行った。
無実かどうか分からない妻の殺人罪。
夫は無実と信じる。が本当の事は分からない。
夫は言われる。妻と言う事を考えないで、証拠を見るように!
となれば有罪だ。

20111008_movie

ドラマは変なところから始まる。場面から3年前からだ。
それが事件の発端だ。
女の上司が殺害される。その犯人とされる。証拠はある。
夫は無実を信じ、最終的な解決方法をとる。

ここで脱獄の経験者に話を聞く。
これがリーアム二ーソンだ。これだけに出て来る。特別出演か?
これで脱獄計画を立てる。
家に計画の地図・写真を張る。それに書き込む。良く分かる。
偽造パスポートとかいる。騙されるがなんとか作った。
ここで言われる。
「あんたは必死過ぎる! 失敗するぞ」 余裕が無いと言う事を言われる。

計画の最終段階で金が無い。
犯罪者から盗む。銃撃となる。
このまま脱獄へと向かう。
ここは計画がある。
今までの地図・写真をゴミ袋に入れて捨てる!
ここから足がつくと二郎でも思う。

妻の糖尿病のデータを偽造し、緊急で病院に運ばせた。
病室に押し入り、妻に脱走を促す夫。
が妻が行かないと言う。
ここで犯人かと思わせる。
仕方なく妻は夫について行く。
ここからは計画の通りとは行かないが、映画はすすんでいく。

随所に見せ場がある。妻が走っている車から身を投げ出す。
ここで妻は殺人をやったと思わせる場面だ。
地下鉄・空港・道路とか見せ場はたっぷりあり、スピーディーに映画は流れる。

ここで警察が計画の地図・写真が見つける。
どこへ逃げるか分からないが、何処かの写真がある。
わざと残していたようだ!

逃げることには成功する。
ある刑事が妻の殺人現場に行って、現場検証する。
この場面は面白かった。
映画は面白かったが、ラッセルクロウが演技しすぎと思った!

« 戦国武将・剣客・柳生宗章・柳生新陰流 | トップページ | 食べ残しを見て・・・・・(ラーメン屋にて) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「スリーデイズ」:

« 戦国武将・剣客・柳生宗章・柳生新陰流 | トップページ | 食べ残しを見て・・・・・(ラーメン屋にて) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ