« 「グリーン・ランタン」 エールフランス機内で | トップページ | 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 エールフランス機内で  »

2011年11月26日 (土)

「マイティー・ソー」 エールフランス機内で

ラッキーと思った。ここでこれが見れるとは・・・・・・
監督のケネス・ブランナーは奥さんが好きな俳優だ。
1962年に発表され、約50年も人々に親しまれているアメリカン・コミックス「マイティ・ソー」が、英国人監督ケネス・ブラナーの手で映画化。自信過剰なヒーローが、縦横無尽に飛び回るアクション・エンターテインメント作品。

神の世界アスガルドの王オーディンの息子ソーは、選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に、最強の戦士としてその力を誇っていた。その傲慢さから、氷の巨人の世界へ身勝手に攻め込み、アスガルドを戦乱の危機に陥れる。その行為に怒ったオーディンはソーを地球へと追放する。地球の荒野で目覚めたソーは、天文学者ジェーンたちの乗った車に追突される。ジェーンとの出会いによって人間の痛みや弱さを学び、彼女に心を奪われていく。一方そのころ神の世界では、邪神ロキがアスガルド征服を狙い、陰謀を企てていた。ロキは、破壊者デストロイヤーというマシンをソーに向けて放っていた。

20111125_movie3

異次元の作品で、SFファンタジーか?二郎の好みである。最後まで飽きさせない。
ましてアスガルトの伝説の本まであるようだ。
これを国家機密として諜報機関が出てくる。神話と現在が結びついた。
ここら辺は上手く話を持っていっている。
この手の役の担当者ははサングラスをするのが当たり前なのか?
確かにサングラスで、何かあると思われる。

戦いの場面も面白い。味方と信じて、たいがい最後に裏切られる。
よくあるパターンだ。俳優は個性的でよく演じている。日本人俳優も出ている。
これは分からなかった!
ナタリー・ポートマンが出ていた。やはり奇麗な女優だ!(関係ないか?)
戦いの場面も面白く、ともかく楽しめた娯楽映画だ!

« 「グリーン・ランタン」 エールフランス機内で | トップページ | 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 エールフランス機内で  »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マイティー・ソー」 エールフランス機内で:

« 「グリーン・ランタン」 エールフランス機内で | トップページ | 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 エールフランス機内で  »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ