« 本・「徹底検証 日清・日露戦争」②(日露開戦から旅順まで)・半藤 一利、原 剛、松本 健一、戸高 一成、秦 郁彦 | トップページ | 本・「徹底検証 日清・日露戦争④」(奉天会戦②)・半藤 一利、原 剛、松本 健一、戸高 一成、秦 郁彦 »

2011年12月25日 (日)

本・「徹底検証 日清・日露戦争」③(奉天会戦①)・半藤 一利、原 剛、松本 健一、戸高 一成、秦 郁彦

奉天会戦が始まる。
ドラマでは、司令部は秋山騎兵の報告を無視する。
良くある話で、信じたく無い事は信じない。
良く記述するが、見たい現実しか見ない!
自分たちがこの冬の寒さにまいっていたので動かない。
相手も同じと思い込んでいる!

敵を知らない!ロシアは冬に強い。
ナポレオンも冬諸軍に負けた!
思い込みで考える。一番悪いパターンだ!
松川参謀も癖のある人だったんだろう!


奉天会戦の前に黒溝台の戦いがある。
これはロシア側の事情もあったようだ。
クロパトキンの同格?でグリッペンベルグが新任で来る。
大将同士仲が悪い!

グリッペンベルグが手柄を立てる為に仕掛けた!
又乃木軍が北上してくる。
この前に日本軍を叩きたい!
ロシア軍10万に日本軍5万4千の戦いだ。
結果は日本が守りきった。
秋山隊の踏ん張りがあったようだ。


この時ドラマにもあった永沼挺身隊を出す。
本では具体的に書いてある。馬賊を200騎連れて行ったと。
馬賊はチームプレーはダメだが、個人的には優れている。
倒れた味方を軽々と馬から降りずに担ぎあげれたようだ!
他にも好古は出した。これが過大にロシアに伝わり、ミシチェンコの騎兵を下げたようだ!

これで奉天会戦にミシチェンコの3万の軍団が参加できなかった。
1万騎の騎兵が動く。「森が動いている」と言う。見ていて鳥肌が立つだろう。


ここで臨時立見軍が出来る。実際は機能しなかったが、この立見尚文が大物だったようだ!

勇敢に戦い、持ちこたえる!元桑名藩士だ!
戊辰戦争で山県有朋が立見尚文に負けて、頭が上がらなかったようだ。
司馬遼太郎は、立見尚文のような人物が好きだと思う。

戦の臭いが分かる!実際に戦場で嗅覚が働くのだろう。
日本が勝っていなのにロシア軍が撤退する!
グリッペンベルグが手柄を立てさせない為に、クロパトキンは撤退する!
信じられない話だが・・・・・・・・


奉天会戦へ流れる!

12

半藤一利、原剛、松本健一、戸高一成、秦郁彦

12

« 本・「徹底検証 日清・日露戦争」②(日露開戦から旅順まで)・半藤 一利、原 剛、松本 健一、戸高 一成、秦 郁彦 | トップページ | 本・「徹底検証 日清・日露戦争④」(奉天会戦②)・半藤 一利、原 剛、松本 健一、戸高 一成、秦 郁彦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

坂の上の雲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・「徹底検証 日清・日露戦争」②(日露開戦から旅順まで)・半藤 一利、原 剛、松本 健一、戸高 一成、秦 郁彦 | トップページ | 本・「徹底検証 日清・日露戦争④」(奉天会戦②)・半藤 一利、原 剛、松本 健一、戸高 一成、秦 郁彦 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ