« スペシャルドラマ・坂の上の雲・敵艦見ゆ③・紛糾(バルチック艦隊は何処から来るのか?) | トップページ | スペシャルドラマ・坂の上の雲・敵艦見ゆ⑤・航海 »

2011年12月21日 (水)

スペシャルドラマ・坂の上の雲・敵艦見ゆ④・命令系統とは!

命令系統がある。
この話になると渡部昇一を思い出す。
渡部昇一の本は大体読んでいる。
命令の話があった。中国の故事、冒頓単于の話だ。


頭曼単于の息子でありいずれ殺されると思い、クーデターを起こそうとした。
クーデターに当たり、事前に冒頓は私兵を秘密裏に養成していた。私兵を率いて「自分が鏑矢を放ったらすぐさま同じ方向に矢を放て」と命令する。そして、まず野の獣を射た。矢を放たないものは斬り殺した。次いで自らの愛馬に向かって射た。同じく放たないものは斬り殺した。更に自分の愛妾を射て、同じく放たないものは斬り殺した。そして父の愛馬を射るときには全ての部下が矢を放った。こうして忠実な部下を得たのち、父に向けて鏑矢を放ち、配下の私兵も大量の矢を浴びせた。父、継母、異母弟及びその側近を抹殺した上で、単于に即位した。


命令とは直属の上官の発するものを有効とする。
小野田少尉の事を引き合いにしていた。
実際に小野田少尉は命令を受けていない。風説として降伏した事は聞いている。
父の方が上である。息子は父の下である。兵はしかし直属の息子の命令を聞かなければならない!
フィリッピン戦線、山下陸軍大将は降伏したが、海軍陸戦隊は降伏しなかった。
命令系統が違うからである。


東郷司令部の対馬から動くと言う情報に、軍令部は反対だったようだ。
山本海軍大臣に反対を言い、命令を出そうとした。
が山本大臣は、現場の事は任せてあると言って取り合わなかったようだ!
正論である。


チョッと似ている話と思った。

それほど迷っていたと言う事だろう!
上が落ち着いていなければならない!
上がおたおたしていたら、なるのもの成らなくなる!
この場面は名場面だと思う!

20111220_saka4 

« スペシャルドラマ・坂の上の雲・敵艦見ゆ③・紛糾(バルチック艦隊は何処から来るのか?) | トップページ | スペシャルドラマ・坂の上の雲・敵艦見ゆ⑤・航海 »

坂の上の雲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペシャルドラマ・坂の上の雲・敵艦見ゆ④・命令系統とは!:

« スペシャルドラマ・坂の上の雲・敵艦見ゆ③・紛糾(バルチック艦隊は何処から来るのか?) | トップページ | スペシャルドラマ・坂の上の雲・敵艦見ゆ⑤・航海 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ