« スペシャルドラマ・坂に上の雲・日本海海戦②・勝利後 | トップページ | 薩摩守忠度・ただ乗り・キセル・・・・・・ »

2011年12月28日 (水)

本・「海戦からみた日露戦争」④(日本海海戦)・戸高 一成 

坂の上の雲を見てから読んだ!
残していたと言う感じだ。
ドラマはドラマで良いと思う。興奮したドラマだ!
本には秘話が書かれている。

津軽海峡を連繋機雷で封鎖する。
これは幕僚同士の意見交換で、聯合艦隊司令部に連絡は行っていたようだ。
敵艦隊に奇襲をかける。駆逐艦・水雷艇で連繋機雷で攻撃する案があったそうだ!
「天気晴朗なれど波高し」
原作にもあったが的確な表現だったようだ。
波高し:波で小型の艦艇では攻撃できない。
奇襲部隊が出せない。
この為捕獲したロシア駆逐艦を偽装して攻撃に使う案もあったようだ!
沈没した駆逐艦、暁の名前を与えて・・・・・・本当に出す気だったようだ!


東郷ターン。ドラマでは東郷元帥が手を振る。
実際はどうだか?30分で勝負はついた様だ!
ロシア艦船38隻のうち19隻が撃沈された。
5隻が捕獲されて、ウラジオストックにたどり着いたのは4隻だったようだ。
日本は水雷艇3隻が撃沈された。完勝だった!

ただ作戦としては、たてた作戦は機能せず白紙の状態で勝った、結果としての勝利だったようだ。
海戦の公式報告書というべき戦闘詳報には 「天祐と神助により・・・・・」と書き出しているようだ。

東郷元帥・秋山参謀と神格化された為におかしくなった。
「絶妙のタイミングで敵前大回頭を行って、必殺の丁字戦法を見事に決めて完全勝利を収めた」
実際は失敗と錯誤の連続だったようだ!

これが太平洋戦争まで影響を与えたそうだ!
真之は人智の超える世界に救いを求めたのか?大本教に入信したそうだ! 


次は、山本五十六、太平洋戦争だ。

12

戸高一成

12

« スペシャルドラマ・坂に上の雲・日本海海戦②・勝利後 | トップページ | 薩摩守忠度・ただ乗り・キセル・・・・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

坂の上の雲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・「海戦からみた日露戦争」④(日本海海戦)・戸高 一成 :

« スペシャルドラマ・坂に上の雲・日本海海戦②・勝利後 | トップページ | 薩摩守忠度・ただ乗り・キセル・・・・・・ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ