« 「織田信長のマネー革命 経済戦争としての戦国時代」 武田 知弘 | トップページ | スペシャルドラマ・坂の上の雲・旅順総攻撃②・将軍とは »

2011年12月13日 (火)

スペシャルドラマ・坂の上の雲・第3部スタート・旅順総攻撃①

12月4日から 「坂の上の雲・第3部」の放送が始まった。
楽しみにしていた。
が見ていて寝てしまった・・・・・・・
情けない!でも録画している。
起きてから見た。
飽き足らずに又見た。
第10回 「旅順総攻撃」


東郷と乃木が作戦会議の為に会う。
東郷が渡哲也で、児玉源太郎が高橋英樹だ!
かっての日活のスター、ライバル同士だ。
両者とも貫禄がついている。

20111212_saka3_2   

旅順の戦略的な話が出る。
陸軍は無視するつもりだった。あくまでクロパトキンとの決戦に勝つことだ。
が海軍は無視できなかった。
ロシア本国から来るバルチック艦隊を迎え撃つ為に、旅順艦隊を沈めなければならない!
その為に陸軍の砲で旅順艦隊を砲撃して欲しい。

秋山真之がこの場面で言う。要塞まで占領しなくても203高地を取って欲しい。
さすれば旅順港を見下ろせ、艦隊を砲撃出来る。
ところが陸軍が占領にこだわった!
このあたりも色々な説がある。203高地は秋山真之の発案と言う意見もあれば、そうではないとも言う。


原作にもあり、ドラマでも言っていた。
ロシアは基本的には消耗戦を相手にしいる。戦いながら相手の補給線が伸びるのを待って反撃に出る。
ナポレオンもヒトラーも屈した戦略だ。
作戦は明快でなければならない。もっともな意見だ。

織田信長を褒めていたのは、常に相手より多くの兵力を当入する。
10万の敵には20万と言う事か?
ロシア兵24万で日本兵は13万とあった。
当然旅順に日本兵が残ってくれば、決戦に使える兵力が減る!
出来るだけ日本軍を引きつけて欲しい。
日露両国ともそれは分かっている。
その中での攻防戦だ!


第一次総攻撃が失敗して、秋山真之が旅順へ行くと言い出す!
そこまで思い詰めていると言う事か!

« 「織田信長のマネー革命 経済戦争としての戦国時代」 武田 知弘 | トップページ | スペシャルドラマ・坂の上の雲・旅順総攻撃②・将軍とは »

坂の上の雲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペシャルドラマ・坂の上の雲・第3部スタート・旅順総攻撃①:

« 「織田信長のマネー革命 経済戦争としての戦国時代」 武田 知弘 | トップページ | スペシャルドラマ・坂の上の雲・旅順総攻撃②・将軍とは »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ