« 本・「徹底検証 日清・日露戦争④」(奉天会戦②)・半藤 一利、原 剛、松本 健一、戸高 一成、秦 郁彦 | トップページ | バルセロナからフランスへの移動(列車の中で) »

2011年12月25日 (日)

本・「徹底検証 日清・日露戦争」⑤(バルチック艦隊の航海)・半藤 一利、原 剛、松本 健一、戸高 一成、秦 郁彦

バルチック艦隊の航海について、好きな事を言っている。
以下の場面は、ドラマには無い!

露骨にイギリスは嫌がらせをしたようだ。
当然、別に日本が好きでやった訳ではない。
ロシアをのさばらせない為にだ!
フランス及びフランスを宗主国とする国に対して、「ロシア艦隊に利する行為は国際法に違反する」

力が全ての時代か?
日本もイギリスにロシアに良質の石炭を売っているとクレームを付けたようだ!
暑いところで長く留めおかれて疲れたのは事実のようだ。
日本の艦船はイギリス製。

ロシアはフランス製だったようだ!
25センチ以上の砲、日本24門。ロシア41門。
20センチ以下の砲、日本337門。ロシア208門。
これがどう響いたのか・・・・・


日本は本拠地なので訓練も十分。
ロシア艦隊は航海中、訓練も十分に出来なかったようだ。
後から考えると、決戦の地に着いた特に、勝負はついていたようだ!
伊集院信管がある。不評だったが伊集院本人が軍令部の次長だったので使わざるを得なかった!
日本も色々あったようだ。


バルチック艦隊がめざしてくるのは、対馬か津軽か?
大艦隊を通過させるのは対馬しかない!
ドラマにあったが迷い、東京の大本営が電報を打とうとするが、山本権兵衛は止める。
これは正しいと思う!原則論を貫いた!

しかし津軽海峡を機雷を敷設できるところまで、大本営は考えて実行できるまでになっていたようだ。
これがあるので対馬で動くなと、との電報を打とうとした。、
が、結局幕僚同士の意見交換と言う事で、電報を送ったようだ。

陸軍では、児玉元帥は乃木に任すことができなかったが。。。

迷いに迷い紛糾したが、対馬で待って正解だった。
バルチック艦隊発見の海図上の位置が、203地点だったようだ。これはドラマにもあった。
何かあるのだろうか?二百三高地と同じ数字だ!

真之の剣帯を上着の上から締めた、一人異様な格好も真之ならと言う事だったようだ。

日本海海戦が始まる。
見終わってから本を読もう!

12

半藤一利、原剛、松本健一、戸高一成、秦郁彦

1212

« 本・「徹底検証 日清・日露戦争④」(奉天会戦②)・半藤 一利、原 剛、松本 健一、戸高 一成、秦 郁彦 | トップページ | バルセロナからフランスへの移動(列車の中で) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

坂の上の雲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・「徹底検証 日清・日露戦争④」(奉天会戦②)・半藤 一利、原 剛、松本 健一、戸高 一成、秦 郁彦 | トップページ | バルセロナからフランスへの移動(列車の中で) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ