« 雑誌にて発見。懐かしい・「MOTO」 | トップページ | 本・「徹底検証 日清・日露戦争」②(日露開戦から旅順まで)・半藤 一利、原 剛、松本 健一、戸高 一成、秦 郁彦 »

2011年12月25日 (日)

本・「徹底検証 日清・日露戦争」①(日清戦争)・半藤 一利、原 剛、松本 健一、戸高 一成、秦 郁彦

乃木希典は本当に愚将だったのか? 「智謀湧くが如し」 秋山真之の弱点とは? 戊辰戦争の生き残りが見せた勇猛果敢東郷ターンは偶然だった?明治期の陸・海軍、歴史に精通した五人が日清・日露両戦役の真実に迫る。
乃木愚将論について意見を戦わせ、作戦を検証し、司令官・参謀たちの知られざるエピソードを披露する。昭和の失敗、平成のリーダー論にもつながる白熱の議論。

20111225_book1

論客と言うか 、好きな事をみんな喋っている。昭和史、陸海軍の専門家たちか?
日清戦争から始まる。 
陸奥宗光・川上操六が始めた戦争と言われる。
川上操六は根っからの軍事主義者か?
坂に上の雲に、鉄道を敵が攻めてきたら、艦砲射撃を受けるので海岸線では無くトンネルにするべきと主張したようだ。
プロシア参謀本部に染まっている!


が、川上操六を論客たちは褒めてもいる。先を読んでいるところもあるようだ。
負けた時の事も考えているようだ!
この川上を持ってしても後の対ロシア戦の作戦計画は寿命を縮めたようだ!
それほど勝ちを見いだせない様だった。


司馬遼太郎はよく言う。
政治家になったのが間違った人物として、板垣退助をあげている。
実際に軍事的才能はあったようだ。
ところが薩摩・長州で軍部を握った為、つまはじきにされたようだ。
西郷隆盛が言ったとして、征韓論の日本の司令官は、板垣退助だと。ダメな場合は桐野利秋を持って来る。

川上操六が参考にしたのは、西郷隆盛も了承した征韓論の作戦を参考にしたそうだ。
その作戦を作成したスタッフに板垣退助がいたようだ!
実際に司令官をやらせてみたら面白かったのにと思う。


日清戦争では旅順要塞も簡単に落ちた。日露戦争では、その感覚が抜けなかったようだ!

日本軍の致命的欠陥と言うのが補給の甘さである。
現地調達しか考えないようだ。

日清戦争から現地調達して、現地人のうらみをかっているようだ。
太平洋戦争まで同じ事をしていたようだ。
ともあれ賠償金まで得られたたが、三国干渉にあう。

山本権兵衛等、先を見ていた人も多かったようだ。
12
12
半藤一利、原剛、松本健一、戸高一成、秦郁彦
12
12

« 雑誌にて発見。懐かしい・「MOTO」 | トップページ | 本・「徹底検証 日清・日露戦争」②(日露開戦から旅順まで)・半藤 一利、原 剛、松本 健一、戸高 一成、秦 郁彦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

坂の上の雲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雑誌にて発見。懐かしい・「MOTO」 | トップページ | 本・「徹底検証 日清・日露戦争」②(日露開戦から旅順まで)・半藤 一利、原 剛、松本 健一、戸高 一成、秦 郁彦 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ