« 本・あの戦争になぜ負けたのか④・半藤 一利 中西 輝政 福田 和也, 保阪 正康, 戸高 一成, 加藤 陽子 | トップページ | 歯医者での出来事 »

2012年2月 9日 (木)

堀尾吉晴・恵方巻き

2月3日は巻きずしの丸かじりの日だ。
いつの頃からかは知らないが、子供の頃はそんな事は無かったと思う。
今日巻きずしを何本か買った。
その中に恵方巻きの説明があった。
意外な名前が出て来た。
堀尾吉晴、小牧長久手で有名な人物の一人だ。
負けた秀吉の中で、一人気をはいた様だ!
運のよい武将だったんだろう。
本能寺の変の時、備中高松の秀吉の元へ派遣されていた。
秀吉も堀尾吉晴をたてたようだ。
そのまま秀吉に属した為に、3人の中老の一人にまでなった。
実力もあったんだろうと思う。

この堀尾吉晴が偶々節分の前日に海苔巻きのような物を食べて出陣し、戦いに大勝利を収めたという故事を元にしているという。
調べてみるとやはり面白い。
① 堀尾吉晴説。
② 大阪の商人による、商売繁盛の祈願事として始まったという説。
③ 和歌山説。
④ 志賀説。
⑤ 栃木県下都賀郡壬生町にある磐裂根裂神社の節分祭が発祥の説。
改めて面白いと感じた。
それぞれに問題点はあるようだが・・・・・・
しかしバレンタインと同じで、業界の陰謀としか思えないが!

20120209_makisushi

« 本・あの戦争になぜ負けたのか④・半藤 一利 中西 輝政 福田 和也, 保阪 正康, 戸高 一成, 加藤 陽子 | トップページ | 歯医者での出来事 »

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堀尾吉晴・恵方巻き:

« 本・あの戦争になぜ負けたのか④・半藤 一利 中西 輝政 福田 和也, 保阪 正康, 戸高 一成, 加藤 陽子 | トップページ | 歯医者での出来事 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ