« 本・あの戦争になぜ負けたのか③・半藤 一利 中西 輝政 福田 和也, 保阪 正康, 戸高 一成, 加藤 陽子 | トップページ | 堀尾吉晴・恵方巻き »

2012年2月 6日 (月)

本・あの戦争になぜ負けたのか④・半藤 一利 中西 輝政 福田 和也, 保阪 正康, 戸高 一成, 加藤 陽子

⑧特攻、玉砕、零戦、戦艦大和
潔さがない。
特攻は強制である。下士官の自発的な行動ではない。
「俺も後から行く!」
海軍の大西瀧治朗中将、部下を道ずれにした事は問題があるが、自ら特攻した宇垣纏。
潔いし責任感がある。
S・T?
Tは誰でも分かるだろう!富永恭次。
しかし今は特攻のおかげで、日本は恐れられている
いざとなったら何をするか分からない怖さがあると、世界が誤解している。
「戦後復興に力を尽くす方が大切」 とのうのうと生きている。
何の責任も感じていない!
情けないし、こんなアホに命じられた人はかわいそうだ! 
ゼロ戦も戦艦大和も職人の力で作られた。そう言う技術が無くなりつつある。

身の丈を知らない!
軍事的に言う 「攻勢の限界点」 を知らない。だから中国も太平洋もその大きさが分からないで戦線を広げる。
戦略も何もなく、やってみなければ分からい精神でやったのだろう!

ミッドウエー海戦以後の海軍の勝利は、ソロモン海戦・キスカ撤退・ルンガ沖夜戦ぐらいだそうだ!
後は全部負け!
日本の最前線の兵は良く戦ったようだ!わたくしめもそう思う!
インパール作戦、牟田口司令官。信じれない司令官だ。
イギリス並にもっと老獪?に出来れば植民地政策ももっとうまくいったかも知れない。
要は何とかなるだろうと言う事で戦争を始めたようだ!

 

⑨あの戦争に思う事
著者たちのあの戦争の思いが語られる。
開戦前の虚しかった首脳会談。
終戦時の8月9日の最高戦争指導者会議。
よく分かる。
同じような内容の本をたらふく読んでいるので、一気に読めた!

 

あの戦争になぜ負けたのか④・半藤 一利   中西 輝政 福田 和也, 保阪 正康, 戸高 一成, 加藤 陽子

 

« 本・あの戦争になぜ負けたのか③・半藤 一利 中西 輝政 福田 和也, 保阪 正康, 戸高 一成, 加藤 陽子 | トップページ | 堀尾吉晴・恵方巻き »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・あの戦争になぜ負けたのか③・半藤 一利 中西 輝政 福田 和也, 保阪 正康, 戸高 一成, 加藤 陽子 | トップページ | 堀尾吉晴・恵方巻き »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ