« 世界の陰謀論を読み解く――ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ・辻 隆太朗 | トップページ | 本・「昭和陸海軍の失敗―彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか 」半藤 一、 秦 郁彦 、平間 洋一・保阪 正康、黒野 耐 、 戸高 一成、 戸部 良一、福田 和也 »

2012年3月15日 (木)

「謎解き 関ヶ原合戦 戦国最大の戦い、20の謎」 桐野作人

慶長5年(1600)9月15日、徳川家康と石田三成が覇権をかけて戦った関ヶ原の戦い。豊富な史料や研究書などを読み解いていくと、家康の会津征伐、義に殉じた大谷吉継の西軍加担、島津義弘の戦闘不参加、小早川秀秋の日和見などの通説が覆される。はたして諸将の思惑や作戦とは―天下分け目の関ヶ原合戦の全容がいま明らかに。

20120315_book1   

著者の本は何冊か読んでいる。
関ヶ原と言えば、学生時代に読んだ司馬遼太郎に洗脳されている。
いまだにその面白さから抜けれない。
今回は小説では無い。
20の謎と題して各々を分析している。
特に印象深かった謎が何点かある。

①宇喜多秀家は精鋭だったのか?
 福島正則6000名と渡り合ったが自軍は17000名と言われている。これと互角ではもう一つではないか?
 多くの家臣が出奔している。いかに二郎の好きな明石全登が善戦しても限界があったようだ。

②秀忠軍が徳川本軍?
 この説を聞いた時は、なるほどと思った。が著者は冷静に分析している。状況に合わせた配置で何も秀忠軍を      
 保険で残した訳ではない。納得!

③直江兼続
 三成との密約はあったのかと言われれば、そう言う空気はあったんだろう。著者が記述している京都と会津の往
 復には20日かかる。密約なんて出来ないだろう。
 よくドラマで見るのは、上杉景勝の帰国の際に佐和山に直江が寄って三成と密談する!
 これも無理がありそう。
 直江状、写ししかないようなのだが、あったんだろうと思う。
 三成挙兵で、家康は引き返すが、景勝は追撃しなかった。
 後方の憂いを無くしてからだと!伊達と最上を屈服させてから関東乱入か?

④気が付いたこと・・・・・
 真田の活躍は無かった・・・・・
 三成を追い詰める七将の名前は記述されていなかった。
 これはどうもメンバーが変わっているのが真実か?
 二郎は、加藤清正・加藤嘉明・福島正則・黒田長政・池田輝政・細川忠興・浅野幸長と思っていた。
 脇坂・蜂須賀の名前もあるみたい。どうなんでしょうネ?
 七将と、七にこだわり過ぎではないか!
 五大老・五奉行・・・・(はっきりしていないのは豊臣政権もかなりいい加減では?)

沢山のエピソードがあり面白かった。ただ入門書では無いと感じた!
 

« 世界の陰謀論を読み解く――ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ・辻 隆太朗 | トップページ | 本・「昭和陸海軍の失敗―彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか 」半藤 一、 秦 郁彦 、平間 洋一・保阪 正康、黒野 耐 、 戸高 一成、 戸部 良一、福田 和也 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 上杉氏(越後・謙信他)」カテゴリの記事

 中国 (毛利・宇喜多他)」カテゴリの記事

 徳川家康 (徳川関連)」カテゴリの記事

 石田三成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「謎解き 関ヶ原合戦 戦国最大の戦い、20の謎」 桐野作人:

« 世界の陰謀論を読み解く――ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ・辻 隆太朗 | トップページ | 本・「昭和陸海軍の失敗―彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか 」半藤 一、 秦 郁彦 、平間 洋一・保阪 正康、黒野 耐 、 戸高 一成、 戸部 良一、福田 和也 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ