« 本・山本七平の武田信玄論―乱世の帝王学 (角川oneテーマ21)・山本 七平 | トップページ | 関東戦国史と御館の乱 ~上杉景虎・敗北の歴史的意味とは? (伊東 潤・乃至 政彦)    »

2012年3月29日 (木)

本・山本七平の武田信玄論―乱世の帝王学②・山本 七平

情報収集を重視した。
商人・工夫・僧侶等も情報収集に使ったようだ。
それに忍び?が加わる。
そうやって信長の情報も集めたんだろう。
信玄の評価が出ている。
戦国大名としては超一流!
が天下人としてはどうなのか?
その社会的基盤が問題だそうだ!
信玄より進んでいる信長を相手にしなければならなかったのが不幸なのか?
尾張・近江・大阪の経済先進国と甲斐・信濃の経済力の差!
独立性の高い小領主の集まりの甲斐・信濃。
兵農分離が出来た信長。
信玄も最後に信長と戦っていれば不幸だっただろう!
三方が原で勝ち、信玄恐るべき!の印象を残して亡くなったのは幸せだったかもしれない・・・・・・
良い時に亡くなったとも言われる!

後継者の問題。
勝頼は気の毒だ!
偉大な父と比べられれば、どう見ても見劣りがする。
勝頼自身も問題も多かったと思うが、家臣も問題が多い!
跡部大助・長坂長閑のせいにしすぎではないか?
二人とも勝頼に殉じている。裏切った穴山梅雪なんかよりはるかにましではないか?
負けたら好きな事を書かれるんだろう!
このあたりは、新田二郎が擁護している感じがする。
上杉・北条・武田の連合軍が出来れば面白かったとは思う!
大軍同士決戦の場所は、信濃・甲斐には無いと思う。
ゲリラ戦で耐えて、相手が死ぬのを待つのも、一つの方法!
信玄はそう言っていたようだが・・・・・・・
ちょっと可哀想!
一気に読めて、面白かったです!

« 本・山本七平の武田信玄論―乱世の帝王学 (角川oneテーマ21)・山本 七平 | トップページ | 関東戦国史と御館の乱 ~上杉景虎・敗北の歴史的意味とは? (伊東 潤・乃至 政彦)    »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 武田氏(甲斐・信玄他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・山本七平の武田信玄論―乱世の帝王学②・山本 七平:

« 本・山本七平の武田信玄論―乱世の帝王学 (角川oneテーマ21)・山本 七平 | トップページ | 関東戦国史と御館の乱 ~上杉景虎・敗北の歴史的意味とは? (伊東 潤・乃至 政彦)    »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ