« 顔面神経麻痺について(ほぼ治りました・・・・・・・)  | トップページ | 日経新聞・こころの玉手箱・「ポーランド語のテキスト・ピーター・フランクル 「強い動機あれば上達早く」 »

2012年3月28日 (水)

日本経済新聞・あすへの話題・「筆記用用品としてのパソコン・作家久間十義」~

奥さんがこの3月23日夕刊のコラムをわざわざ見せに来た。
作家自身の経験が語られている。
20年パソコンを使っている様だ。
恐らくワープロに使っていると思うが・・・・・・・
最初はとどまったようだ。変換の仕方、内容の微妙な言い回しの違い。
いろいろ気になったようだ。
途中から気にならなくなったようだ。
手書きより倍ぐらいの量を書いている感じがしているようだ。
二郎もそう思う!
二郎も実際にブログをやっているせいか、感じる事はある。
①漢字を覚えない。変換でゴマ化している。
②文章をコピーする。早いが文章を覚えてない!
③コピーの内容によっては変な行間になる。直し方が分からない。
④字体が混在しても気にならなくなった。
そんな事を感じている。

20120327_pc

しかし作家は違う。
「まったく違う文章の発達を促すもののように思われてきた」、と感じている。
「しかし自分の便利よりデータの受け渡しに便利」、と改めている。
「要は使わされているだけ!」 だと。。

二郎は自分でも字を書かなくなってしまったとは思う!
字だけは奇麗にと、お袋に習字は習わされていたが・・・・・・
ちょっと気になるコラムだった!

« 顔面神経麻痺について(ほぼ治りました・・・・・・・)  | トップページ | 日経新聞・こころの玉手箱・「ポーランド語のテキスト・ピーター・フランクル 「強い動機あれば上達早く」 »

独り言(よもやま話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 顔面神経麻痺について(ほぼ治りました・・・・・・・)  | トップページ | 日経新聞・こころの玉手箱・「ポーランド語のテキスト・ピーター・フランクル 「強い動機あれば上達早く」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ