« 本・昭和の名将と愚将①・半藤 一利・保阪 正康 | トップページ | 偽装国家Ⅱ ~底なし篇~ ・勝谷 誠彦 »

2012年4月11日 (水)

本・昭和の名将と愚将②・半藤 一利・保阪 正康

愚将の方が面白かった。
瀬島龍三が愚将に入っている。
インパール作戦の牟田口廉也とコンビで記述されている。
しかし瀬島龍三が生きていたら書けないのではないか?
いや書くだろう!
台湾沖航空戦の戦果の間違いの電報を握り潰したと言われている。
ソ連との密約!
シベリアにいたのは事実だが、佐官だったので、イが取れて左官になったと言っていたようだ。
戦後も語らず、ソ連の回顧録も間違っているとして、勝手に手を加えて修正したようだ!
誰か亡くなり、その記録が出て来るのを、恐れたようだ!
能力はあったんだろう。
天皇陛下に差し上げる報告書を、実に上手く書いたそうだ!
相手に気にいられるように書く。
どう書けば気にいられるか分かっている・・・・・・
実戦を知らずに作戦を立てていたようだ!
虚像が先走っているのではないか?

牟田口廉也と同じ章なのは、同類項だからか!
メチャメチャ、頭がおかしいのではないかと思ってしまう。
よく書かれたイギリスの文献のコピーを持ち歩き、正当化していたようだ!
戦後インタビューに言ったら、必ず家の外で話したようだ。
家族に聞かれたくなかったんだろう。
「牟田口廉也が畳の上で死ぬのは許せない!」
かっての部下?兵隊に言われている。
東条英機もおかしい!

当然出て来た、辻政信!
実動ははどうだったんだろうか?
人に責任を押し付けているのは確かみたい!
おのれの固定観念にみで考える。
上手く行かなければ相手に責任を押し付ける!
身近にいる感じがしないでも無い!


保阪 正康が言った、海軍にも責任がある。
米内・山本・井上が異質で、海軍の本流は開戦派の方だったようだ!
その代表、岡敬純・石川信吾のコンビ。富岡定俊も入るのではないかと思うが・・・・・
敵を知らず、己も知らず、戦いを始めた!
戦後、アメリカの戦力を想像できなかった、とヌケヌケと言っていたのではないか?
責任も取らずにどう思っているんだろう!

評価なんてどうすればよいのだろうか?
声の大きい、威勢のいいのが勝ちか!

読んでいて富永恭次、情けなくなる!
許せないタイプ!

読んでいて面白かったが、人間て変わらないと思う・・・・・・

面白かったが、人間て変わらないと思う。。。

12

半藤一利・保阪正康

« 本・昭和の名将と愚将①・半藤 一利・保阪 正康 | トップページ | 偽装国家Ⅱ ~底なし篇~ ・勝谷 誠彦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・昭和の名将と愚将②・半藤 一利・保阪 正康:

« 本・昭和の名将と愚将①・半藤 一利・保阪 正康 | トップページ | 偽装国家Ⅱ ~底なし篇~ ・勝谷 誠彦 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ