« 時代の変化を感じる!(映画ランボー2を見て・・・・) | トップページ | NHKドラマ・マチベン(2006年放映) »

2012年4月 8日 (日)

志道 広良・「君は船、臣は水」 

志道 広良は毛利家の家臣。
毛利隆元に、この言葉を言った為に歴史に名前が残った。
志道 広良(しじ ひろよし、応仁元年(1467年) - 弘治3年(1557年) 相当な長寿である。

毛利氏の庶家として、代々の毛利家当主を補佐していた坂氏の庶流で、父・元良の代から志道氏を名る。
毛利興元の代から毛利家執政を務めていたが、弟・元就の器量を早くから見抜き、親交を結んでいた。
毛利元就とその弟・相合元綱との間で争いが起きると、元就を支持して、他の14人の宿老とともに署名した起請文を提出し、かつ足利将軍家の同意もいち早く取り付けた。
その後元綱を擁立した宿老の坂広秀、渡辺勝の謀反はあったものの、元就に無事家督を相続させることに成功した。元就の軍師的な役割を、さらにはその子隆元の後見役を務め活躍し、91歳の長寿を保った。

毛利隆元に 「君は船、臣は水」 家臣は水であり、その水が無いと船は浮かばない
また、水は簡単に船をひっくり返す。だからこそ君臣の関係は大切にしなければならない)と、主従関係を例えている。 がそうであろうか?
要は君でいられるのも、臣があってのことだと言いたかったのでは無いか?
君でいたいのなら、臣を大切にしろ!
小沢一郎みたいな感じがする。

« 時代の変化を感じる!(映画ランボー2を見て・・・・) | トップページ | NHKドラマ・マチベン(2006年放映) »

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

名言格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志道 広良・「君は船、臣は水」 :

« 時代の変化を感じる!(映画ランボー2を見て・・・・) | トップページ | NHKドラマ・マチベン(2006年放映) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ