« 本・歴史から何を学ぶべきか―教養としての「日本史」の読み方③・仮説を楽しむ・小和田哲男 | トップページ | 耳が聞こえにくい・・・・・・ »

2012年5月15日 (火)

證券会社のミス

親父が残してくれた二郎名義の口座がある。
證券会社のだ!
有難かった!
そう言う風に親父は家族名義で口座を作ってくれていた。
良き時代だったのか?
昔は他人名義の口座も作れた!
今はそうはいかない!
別に気にいらない證券会社では無い!
今回、印鑑を押して送り返さなければならない書類があった!
ところが證券会社から連絡があった。
間違えて違う人の書類を送った。
と言う連絡だ!
マアそう言う訳で、あやまりがてら書類を持って来てくれた。
菓子箱をぶら下げて・・・・・
(菓子箱については食べ歩きで・・・・)

それより後がどうなっているのか興味があった。
恐らく郵送した担当者は相当絞られているはずだ!
再発防止と言う事で又何かチェックの方法を検討しているはずだ!
ミスはミスだ!
一つのミスが新たなミスを生む感じがしないでも無いが・・・・・・
色々ありますよ!

« 本・歴史から何を学ぶべきか―教養としての「日本史」の読み方③・仮説を楽しむ・小和田哲男 | トップページ | 耳が聞こえにくい・・・・・・ »

独り言(よもやま話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 證券会社のミス:

« 本・歴史から何を学ぶべきか―教養としての「日本史」の読み方③・仮説を楽しむ・小和田哲男 | トップページ | 耳が聞こえにくい・・・・・・ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ