« 映画・「キラー・エリート」 | トップページ | 本・歴史から何を学ぶべきか―教養としての「日本史」の読み方①・歴史は勝者が書く・小和田哲男 »

2012年5月15日 (火)

本・苦境を乗り越えた者だけが生き残る―ビジネスや人生に役立つ戦国武将の知恵・小和田哲男

「困ったときこそ、力が試される」「こっぴどく負けた経験が、人を大きくする」――。危機を自己変革のチャンスと捉え、乱世を生き抜いた戦国武将15人の知恵を紹介する。

20120515_book1


15人の武将が紹介される。変わったところでは、尼子経久・蜂須賀家政・結城晴朝がある。
チョッと出来過ぎと思う話がある。
吉田一彦が紹介していたが、第2次世界大戦での謀略の話がある。
こう言う話はイギリスが得意だ!
密書と言うが暗号がある。それを偽造する。
カムフラージュした死体に重要書類を持たせてドイツに渡るようにする。
不自然さがないように注意する。
自分達がそう言う事をするので、相手も同じ事をすると思い貴重な情報を信じなかった事があったようだ!
イギリスの例でも思うが、謀略・謀り事を実施するのは確かに難しいと思う!

何処まで信じて良いのか?
何が言いたいかと言うと、毛利元就の謀略の話だ!
①陶晴賢の家臣、江良丹後守房英の謀反の噂を流し、筆跡を真似した元就宛の誓書を山口に落として来る。
② 厳島、安芸の宮島の戦いの時、間者を山口に遣わして、元就の反省の言葉を噂として流す。
「厳島に城を造ったのは失敗だった。今攻められたらひとたまりもない」
どの本でも出て来る話だ。がそんなに簡単な事なんだろうか?
噂を流すと言うが、何処で誰に流すのか?
誰が誰に流すのか?
手紙を落とすとあるが、何処へ落とすのか?
不自然さが無いようにどうやったのか知りたい!
戦国武将はそんなに信じ易い人の良い人たちだったのかと思ってしまう。
そう言えば、信長も斎藤道三の娘を迎えて、夜に岐阜の方を見ていたようだ。
道山から信長に寝返った武将がいて、城を放火するので、火の手が上がるのを待っている。
この話も面白いが、どうなんだろう?
最近よく常識にとらわれるな!と言っている歴史研究家が多いようだ!
今の常識から言えばイギリスの謀略の話が良く分かる。
戦国時代は今と違うのは分かるが、これは具体的な話が欲しい!

前から思っていた事を記述した!
この本にも朝倉宗滴の家訓があった。
名将とは、一度大敗を経験した方が良い!
家康の三方が原の戦いがそうなんだろう!
信玄も若い時には大敗している。
そう思えば信長は大敗していない!
最後に一つ。
昔読んだ小和田哲男の本では、伊勢新九郎の出生として4つほどあげていた。
今は備中伊勢氏の出身と記述している。
もはや備中で決定と言う事なのか!

12

苦境を乗り越えた者だけが生き残る―ビジネスや人生に役立つ戦国武将の知恵・

小和田哲男

12

« 映画・「キラー・エリート」 | トップページ | 本・歴史から何を学ぶべきか―教養としての「日本史」の読み方①・歴史は勝者が書く・小和田哲男 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画・「キラー・エリート」 | トップページ | 本・歴史から何を学ぶべきか―教養としての「日本史」の読み方①・歴史は勝者が書く・小和田哲男 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ