« ヌルい沖縄!恵龍之介 - たかじんのそこまで行っても委員会 7月8日  | トップページ | ここまでわかった! 本能寺の変・『歴史読本』編集部 »

2012年7月21日 (土)

本・危機管理最前線・佐々 淳行 

外交では拉致問題、対中国、イラク情勢…、国内にあっては政治、治安の混乱のみならず、企業不祥事、BSEなどのバイオ対策…。我が国が直面する問題は、ますます複雑化し、緊急な対応が迫られている。こうした困難に、いかに対処していくべきか?危機管理の第一人者が、豊かな経験を踏まえ具体的に方策を説き起こす。

20120721_book1


2005年に発行している。著者の本もよく読む。最初に読んだのが 「危機管理のノウハウ」
メチャメチャ面白かった。
著者は右だと言われていると思う。
自分の子供が日教組の先生に、親が警察官である事で理不尽に立たされ抗議して、結局女の先生?
があやまった様だ!
記述されている内容は著者らしい内容だ!
まず北朝鮮!
確かに礼賛し続けた人は責任がある。土井たか子なんかまさにそうなんだろう!
国会で事の是非より、約束を守らない事を問題にしていた!
アホかと思う!
著者言う通り何でこんなに弱腰なのか?
中国!
歴代の旧アジア局長、チャイナスクールを批判している。
阿南惟茂の名前もある!腹は切らないやろうな!
それについては、川口外務大臣をも糾弾している。
言われっ放しだ!
たかがサッカーの試合で国旗を焼き、公用車を襲う!
「遺憾である」
他に言う事が無いのかと思う!
OAD、感謝もされずにいつまでも続ける税金の無駄使い!
確かにさっさとやめれば良いのと思う!

イラク!
自己責任!止めるのも聞かずにイラクに入りテロリストに捕まる。
行った人間も問題だが、その家族も問題か?
当たり前のように国を責める!何様かと言いたい!
自分勝手にしても悪いのは国か!
記者
ヨルダンでクライスター子爆弾を記念に持ち帰ろうとしたが、空港で爆発して当局員を一名死亡させた!
アホの極めの記者!
そりゃ死刑にされてもおかしくない!
阪神大震災
なにぶん初めての事なので・・・・・
指示している・・・・・・
兵庫県に住んでいるだけに時の村山総理?には呆れた!
指導者の言葉についての例は分かり易い!

他にも興味深い話が多い!
色々記述されているが、うなずけるのもばかりである!
日本よ、どうなるんだろう!

12

危機管理最前線・佐々淳行

12

« ヌルい沖縄!恵龍之介 - たかじんのそこまで行っても委員会 7月8日  | トップページ | ここまでわかった! 本能寺の変・『歴史読本』編集部 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・危機管理最前線・佐々 淳行 :

« ヌルい沖縄!恵龍之介 - たかじんのそこまで行っても委員会 7月8日  | トップページ | ここまでわかった! 本能寺の変・『歴史読本』編集部 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ