« 日本人なら知っておきたい名字のいわれ・成り立ち・大野 敏明 | トップページ | 映画・アメイジング・スパイダーマン »

2012年7月 6日 (金)

神戸サウナ&スパの守り神(トントゥ)

神戸サウナで待ち合わせをした。
自分でも面白い所で待ち合わせたと思った。
時間が有り、目をキョロキョロさせていたら石像があった。
何かなと思ったら、説明が下にあり読んでみた。
フィンランドの 「サウナの守り神、トントゥ」 とあった。
検索してみると、フィンランドはキリスト教のフィンランド福音ルター派教会とフィンランド正教会で、国教として扱われている。
何故調べたかと言うと、サウナの守り神が有ると言う事は、キリスト教以前は多神教の国だったのかと思ったからだ?
ローマもそうだったようだが、何処にでも神さんはいる。
日本でもそうではないかと思う。
そうして調べてみると、ブログが有った。
外の像を見たが、中にも像はあるみたい。
写真が掲載されていた。内容が濃い!

20120706_sauna2

20120706_sauna

像は輸入されたとあるから、フィンランドで造っているのか?
一種のお遊びですよネ!
「トントゥ」 とは、妖精・小人・精霊を意味する言葉だそうだ。
大切な場所にいると信じられ、守ってくれる神さま?サウナと言うか風呂なんかに入ると、子供は騒ぐ。
二郎も子供の頃、風呂屋に行った時は友達と騒いだ記憶が有る。
フィンランドでは子供を静かにさせる為に、トントゥの名前を出す。
トントゥは騒々しい場所が嫌いで、喧嘩をしたりすると、その場所から居なくなってしまう。
「トントゥさんが居なくなってしまうよ、静かにしなさい」とか、「最後にトントゥさんが入るから、清潔に使うように」 と言うようだ。
こう言う事は、今はすぐに検索できるのですぐ分かる。
楽しいと言えば楽しいが、覚える事をしなくなりそう!

« 日本人なら知っておきたい名字のいわれ・成り立ち・大野 敏明 | トップページ | 映画・アメイジング・スパイダーマン »

フィンランド」カテゴリの記事

独り言(よもやま話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸サウナ&スパの守り神(トントゥ):

« 日本人なら知っておきたい名字のいわれ・成り立ち・大野 敏明 | トップページ | 映画・アメイジング・スパイダーマン »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ