« 本・田中角栄の昭和 (朝日新書)・保阪 正康 | トップページ | ヌルい沖縄!恵龍之介 - たかじんのそこまで行っても委員会 7月8日  »

2012年7月17日 (火)

短編小説の魅力 (歴史上の人物)

歴史小説を読んでいると、主人公のイメージが、あるところで決まってしまう感じがする。
がそれは短編小説の方の影響が強い!
例えば、河井継乃介。
司馬遼太郎の短編 「英雄児」。
これは興奮した。
これの長編化と言うべき 「峠」。
期待したがそれほど面白くなかった。
英雄児でイメージが出来てしまった。
それほど短編がよく出来ているのか?
同じ様な感じをうけた人物に、大村益次郎がいる。
短編 「鬼謀の人」 と 長編 「花神」

今回 「草原の嵐」 を読んでいて、介子推の名前が出て来た。
宮城谷昌光は 「重耳」 に介子推を登場させた。
重耳に存在を知られずに、主人を守る。
爽やかなイメージだった。
興奮した!
書き足らなかったのか、長編 「介子推」 を表した。
あまり興奮しなかった。
どこか違うんだろう?

« 本・田中角栄の昭和 (朝日新書)・保阪 正康 | トップページ | ヌルい沖縄!恵龍之介 - たかじんのそこまで行っても委員会 7月8日  »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短編小説の魅力 (歴史上の人物):

« 本・田中角栄の昭和 (朝日新書)・保阪 正康 | トップページ | ヌルい沖縄!恵龍之介 - たかじんのそこまで行っても委員会 7月8日  »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ