« 悪党重源―中世を創った男・高橋 直樹  | トップページ | リスク、不確実性、そして想定外・植村 修一  »

2012年8月25日 (土)

日本の恐ろしい真実 財政、年金、医療の破綻は防げるか?・辛抱治郎

格差社会は小泉・竹中コンビのせいではない。大阪市の約20人に一人が生活保護費で生活している。日本は急速に貧困化している。これがこの国最大の社会問題だ。国債がいくらでも発行可能だと言うのは、投資詐欺のようなものだ。消費税増税は日本の未来を開く切り札になる。知らないと損をする「大問題」を本音で解説。

20120825_book2

辛抱治郎の本は始めて読む。
テレビではしょっちゅう見ている。共感する事は多い!
言っている事は想像出来ていたので一気に読めた。
序章 ここが恐ろしい日本の真実・総論
第1章   日本は破綻するのか
第2章  日本の崩壊は年金・医療から始まる
第3章  騙されないための知恵
第4章  政治家という人種
第5章  日本政府は命を守れるか
第6章  不思議な不思議な日本の情景
第7章  日本の教育を考える
最終章 破綻を免れるヒント

恐ろしい項目と思う。
日本の格差は縮小している。
縮まったのは上が下がったからのようだ。全体的に下がっているが、上の下がりが大きい。
何を持って格差と言うのか?
日本は急速に貧困化している。
個人情報がある。
今100歳以上が4万人いるが、確認できない。だまして年金を貰うやからも多いと言う。
実際は半分ぐらいと言う。
それなのに帳簿上で報告する。それが世界の長寿国の実態と言う!
大阪市の人口260万。その内13万6千人が生活保護を受けている。
20人に1人が生活保護を受けている。
橋下大阪市長、頑張れと言いたくなる。
と言う話から始まる。

官僚の出す数字は必ず嘘がある!自分達の都合のよい数字を捏造する。
交通量の予測が良い例!当たる方が少ないのではないか?
それを理解することが必要とある。
かって読んだ本、「ダレフハフ 統計でウソをつく方法」
ギリシャの話がある。4人に1人が公務員であるのは有名だ!
黙っていても3000年前の遺産で食える。そうなれば新しい事など始めたくない。
労働意欲が湧かない。
開業医でさえまともに領収書を発行しない。毎日の経済活動自体が政府の把握出来ない闇経済と言う。
ばらまきもある!
それでも緊縮財政は受け入れられないと言う!
産業も無く、観光産業もストをして金を稼がず何が言いたいのかと思うが・・・・
日本も同じようになりかねない。
そんな話から始まる。
2009年に上海旅行をしたそうだ。
社員旅行の補助が打ち切られる。そうなると著者自身言っているがいじましい。貰えるものは貰う!
何かばらまき政策を感じる。
貰えるものは貰う!
著者は中国の対応の速さを褒める。他に批判する事は、民族問題・領土問題等多いが・・・・・・・

嫌になる話と気になる話。
①  関空への橋は6車線。4車線でいいのに建設会社に儲けさせるために6車線にしたようだ。
②  75歳で月25万円年金が出る。足りなのでタクシーの運転手をやっている。貰い過ぎではないか・・・・
③  年金記録のええ加減さ!それをまともにしようとしても出来ない。人件費に消えていくだけと言う。ただ働きさせればよいのと思う!
④  知事の退職金の多さ!
⑤  参議院は必要なのか?衆議院に落選したら参議院で復活する。確かに政治家の数は多い!
⑥  日本の首相のアホさ!鳩山元首相。記者の質問に同じ答えでは失礼と思い発言を変えた!アホもここまでくれば極みですよね!
⑦  この本ではないが、阪神大震災の村山元首相のアホさ加減!台湾元李登輝総統に、村山元総理の阪神大震災の指揮の悪さを指摘した。初めての事だから仕方が無かった。と慰めていた!
⑧  厚生省の、薬品認可。企業の利益を守るために遅らせる。天下りの温床と言う。族議員に橋本元首相もいたのでは?
⑨  たばこ1箱1000円。吸わないので影響は無いが、亀井静香はいつも酒・たばこ値上げを言っていたと思う・
⑩  成田空港の廃止。羽田のハブ空港化は正解か?
⑪  リニアも日本の狭い国土では場所を選んでやるべきと言う。羽田―東京、成田―東京とか・・・・
⑫  高速道路もこれから少子化で車も少なくなるの。今緊急で混雑しているところ重点的にやる。
⑬  技術力で韓国に負けている。法人税が違う。開発費に日本は金をつぎ込めない!他にも事情はあるだろうが日本は企業がもうけ過ぎと言い過ぎではないか?
⑭  北欧の福祉を称賛する。税金の事は抜きで福祉のみを褒めるアホな知識人、評論家!

日本の教育の問題を考える。
大分県の例を出している。
大分県の教育委員会は圧倒的組織率を誇る教員組合出身者が名前を並べる。
点数のかさ上げを平気でやる。アホの極めだ!
全国で一部受験生の合否を先に連絡する!
「教育の独立に対する冒涜だ」 「教育の管理強化に反対」
それも言えない状態のようだ!あたりまえだ!
著者言う!『教員の教員のための教育委員会は即刻廃止せよ』
早い話が日教組は解散・解体せよと言うことだろう!
大賛成である!
話は変わるが、神戸三宮で街宣車の行進があった。
マイクは 「日教組は解散せよ!」
何か符合するものがある。
読むべき本である!

« 悪党重源―中世を創った男・高橋 直樹  | トップページ | リスク、不確実性、そして想定外・植村 修一  »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 悪党重源―中世を創った男・高橋 直樹  | トップページ | リスク、不確実性、そして想定外・植村 修一  »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ