« 全日本教職員組合の研究全国集会2012の経済効果? | トップページ | ナルト・トビの正体についてのコメント   »

2012年8月13日 (月)

本・血脈の日本史 系図で読み解く骨肉の争い・小和田 哲男

教科書などでは政権交代や政変で片づけられがちな日本史上の出来ごと。
そこで伝えられる「勝者の歴史」に隠されているのが「系図から見えてくる歴史」だ。
系図を読み解くことで、歴史の裏面であり、事象を動かす重要な原動力のひとつと言える「血の相克」や「骨肉の争い」が透けて見えてくるのだ。
本書は、古代~中世~近世の各時代における事件を、当時の関係者の系図と相関図を手掛かりに解説する。
「系図から見えてくる歴史もある」ということに気づけば、日本史はもっとおもしろくなる!

20120813_book2

最近清盛・義朝関係の本を読む。
NHKの大河ドラマの影響があるのは確かだ!
それを読むと後白河法皇前後の跡目相続のきな臭い話が沢山ある。

古代からの後継者争いの記述されている。
それを系図で読み取る。
現在の日本では次期天皇がいない?と言うか子供が少ないのが問題になっている。
しかし古代・中世では後継ぎが何人もいる。
30人も子供がいる天皇もいる。
男子の後継は、母親の家柄にもよる。
母親の自分の子供を後継ぎにしたいため陰謀がある。
さっさと引退して院政をひく天皇もいたようだ。
臣籍降下しなければならないほど沢山の子供がいた。
後継ぎを自分の血統にしたい。
そのために親子、兄弟で争う。
これに豪族、藤原氏等が絡む。摂関政治!
その藤原氏も内部で争う。
京家・北家・南家・式家とあるが、行くつく先は藤原不比等。
子孫が多いほど有利なのか?
一つの面白い例があった。最終的に一番力をつけた道長・頼通親子。
娘を入内させるが子供が出来ない。
他の兄弟が遠慮して入内しないので、藤原氏系の天皇が即位できなくなり力を失ったとある。
要は子供が出来なくなり、他のしがらみに無い天皇が即位する。
下手な鉄砲のたとえ通り、沢山娘を入内させれば男の子も出来る確率は高い!

源氏は同族で殺し合いをし過ぎと言う。
実朝の後がいなくなった。頼朝も無害な弟は残しておけばよかったのに思うが・・・・・・
天皇はやはり抑えるべき存在なのか?
頼朝でさえも娘を入内させようとする。
秀忠も娘を入内させた。
秀吉と家康の差は後継者か?
公式には11人の男の子がいた家康。
娘も多いし、養女として攻略結婚に利用する。
8代将軍吉宗は運がいい?家督を継いだ兄達が都合よく死ぬ!
8代将軍の座も初めは後見人と言う話を、自ら将軍になる。
この時もライバル尾張家の吉通が23歳、五郎太が3歳で亡くなる!
要は出来過ぎと言う事らしい!
暗殺?毒殺を暗示させている。
最後に変わった話を持ってきている。
伊能忠敬。養子に行ったお陰で地図を作れたと言う!
養家が測量にたけていて、その技術と知識を習得したようだ!

凄い話が多い。
天皇も大変だったとは思う!

12

血脈の日本史 系図で読み解く骨肉の争い・小和田哲男

12

« 全日本教職員組合の研究全国集会2012の経済効果? | トップページ | ナルト・トビの正体についてのコメント   »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・血脈の日本史 系図で読み解く骨肉の争い・小和田 哲男:

« 全日本教職員組合の研究全国集会2012の経済効果? | トップページ | ナルト・トビの正体についてのコメント   »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ