« 本・世界一の方程式・山田 久志 | トップページ | 本・失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇②名将と愚将・野中 郁次郎 »

2012年11月16日 (金)

本・失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇①戦場のリーダーシップ・野中 郁次郎

率先垂範の精神を欠くリーダー、硬直化した官僚的組織、プロフェッショナリズムの誤解―日本の企業・政府が「失敗の拡大再生産」のスパイラルに陥ってしまったのは、傑出したリーダーが出現しないからだ。いまこそ、戦争という有事におけるリーダーシップを検証すべきである。

20121116_book1

「失敗の本質」 「戦略の本質」 「撤退の本質」」 とある。著者が絡んでいる。
著者は、谷光太郎の書籍で知った名前だった。

今回は日本軍の戦時におけるリーダーシップを検証している。
それが現代に通じていると・・・・・・・
結論は、リーダーシップの欠如と言う。
具体的な例が多い。
著者言う、リーダーの条件。
アリストテレスが言う、「フロネシス」
賢愚、実践的知恵、実践知。
人間の究極の知、文脈に即した判断、適時・絶妙なバランスを具備した高度なリーダーシップと言う。
総合力と言う!
と言う事で、フロネテック・リーダーに必要とされる能力。
①「善い目的をつくる能力」
②場をタイムリーにつくる能力
③ありのままの現実を直視する能力
④直観の本質を概念化する能力
⑤概念を実現する政治力
⑥実践知を組織化する能力

なんとなく分かる。

これを具体的な例を出す。
①硫黄島の栗林と沖縄の牛島
②インパールの牟田口とモンゴルの根本
③レイテ”謎の反転”の栗田とキスカ撤退の木村

一応知っている話がほとんどだ!

文民統制、シビリアンコント―ルという言葉ある!
アホな民主党の防衛大臣が、自分が素人だから、シリビアンコントールだと言っていた!
アホの極めだ!
これもよく読む本の中にあった。谷光太郎だったと思う。
アメリカは、軍事に偏りすぎる軍人を、総合的に判断できる人が指導する。実業界で成功した人物を充てる。
第二次世界大戦の、ノックス海軍長官。民間からの登用だった。
これに対して日本でそんな事をすれば、間違いなく 「素人は黙っておけ!」  となる。
リーダーの条件に、経験と教養があると言う。レトリックも必要とあった。
それから6つの分析がある。
何度読んでも嫌になる。牟田口、栗田の話は・・・・・・

12

失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇①戦場のリーダーシップ・野中郁次郎

12

« 本・世界一の方程式・山田 久志 | トップページ | 本・失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇②名将と愚将・野中 郁次郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・世界一の方程式・山田 久志 | トップページ | 本・失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇②名将と愚将・野中 郁次郎 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ