« 勝つための経営 グローバル時代の日本企業生き残り戦略②・畑村 洋太郎・吉川 良三 | トップページ | 不愉快な現実 中国の大国化、米国の戦略転換・孫崎 享 »

2012年11月25日 (日)

勝つための経営 グローバル時代の日本企業生き残り戦略③・畑村 洋太郎・吉川 良三

組織の話が記述されている。
組織を硬直化させる三つの官僚主義。
これは理解できる!自分の会社がそうだ!
①形式主義:社内書類、稟議等で細かい事を言う。中身より体裁を構う。回覧の人間も多くなる。
余計な時間がとられる。
『担当者が変わるたびに書き方が変わる!内容が分かればよいと思うのに、コンマが違う。なになにが抜けている!
何度も往復する!』

②数量主義:必要以上に数字による評価に重きを置く。いんちき数字が横行する。
③管理主義:マニュアル化への過度な依存、形骸化。

横並びの日本。横並びのリーグ戦を戦っている。
韓国はトーナメントを戦っている。真剣さが違う。
耳の痛い話が並んでいる。
著者も記述しているが、制度上の問題、円高とか日本が停滞している理由は絶対的なものでは無い!
それよりも現状認識できていないことが問題のようだ。
韓国はIMF危機で変わらなければならないと言う事で、真剣に変わった。
日本は危機感が無いと!
JALも潰れたが、その前に危機感を持っていた人も多い。
潰れてからでは遅いと!
自由な発想が出来ない。何かあれば必ず責任問題が言われる。

中国では電動自転車がある。日本みたいに規制があるわけではない。
ペダルを踏まないで動く。
借りにこれを2台つなげば自動車が出来る事になる。
そんな簡単なものではないが、そうなれば電池が重要になる。
リチュウムイオン電池!
この主導権争いも始まっている。今は日本の技術は先行しているようだが、今後は分からない。
価格がある。安くなければならない。
耳の痛い話ばかりだ!
しかしなんとかしなければならない。
日本ならではの開発をする。
技術に優れていても世界で負けている理由は、製品開発力が劣っているからと言う!
それは組織と、経営者の問題になる。
その対策と、企業の具体例が記述されている。
一気に読めるが考えさされる本である!

« 勝つための経営 グローバル時代の日本企業生き残り戦略②・畑村 洋太郎・吉川 良三 | トップページ | 不愉快な現実 中国の大国化、米国の戦略転換・孫崎 享 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朝鮮半島」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 勝つための経営 グローバル時代の日本企業生き残り戦略②・畑村 洋太郎・吉川 良三 | トップページ | 不愉快な現実 中国の大国化、米国の戦略転換・孫崎 享 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ