« ナルト・シカク逝く、連合本部は倒れたか? | トップページ | ローマ軍団(映画・センチュリオン、および第9軍団のワシ) »

2012年12月20日 (木)

映画・ホビット『思いがけない冒険』

待ちに待った映画だ!
ロードオブリングは、手塚治虫が気に入ってたのを知っている。
アニメがあったのも知っていた。
最初に3部作と言う事を知らないで見た。
だから1作目の最後を見るまで続編があるのを知らなかった。
これには興奮した!メチャメチャ面白かった!
どう言う因果か、映画を見てからスペインに旅行に行った。
エールフランスで機内で映画を上映していた。
これがロードオブリングだった。
ずっと見ていた。何回見たか?
ますます好きになった。
2作、「二つの塔」 は先行上映を見て、計3回見た。
DVDも高かったが買った。
何回見たか?
熱烈なファンの一人である。
今回楽しみして行った。
何も知らずに見に行った。見ていて続編も作れると思ったら、3部作だ!
嬉しいような反面、大丈夫かなと思った。
懐かしい音楽が流れる。嬉しくなる!
登場人物も同じメンバーだ!
メチャメチャ楽しい!

20121220_movie2

心配なのはサルマン役のクリストファーリーだ。90歳だ。
ガンダルフ役のイアン・マッケランも73歳だ。スタントマンがいるとは言え心配になる。
エルロンド・ガラドリエル・サルマン・ガンダルフは、裂け谷に会議をする。
メイクが上手いのか皆若い?
エルロンドなんか前より若くなっている感じがした。時代設定は60年前になる。
ガラドリエル役のケイト・ブランシェットは43歳!でもやはり美しい!
見つめるような眼!こちらが見惚れる!
懐かしい裂け谷は又セットを作ったのか?
ここで4者会談があった。
ガンダルフは灰色のガンダルフだった。白では無い。当然だ!

物語はドワーフの王国の繁栄から始まる。
凄いセットだった。
原作者の考えなのか、王に邪悪な心が芽生える。
ゴンドールの王も邪悪な心に囚われていた!
この王国を、竜が攻撃する。火を吐きながら・・・・・・・
邪竜スマウグ!全体的な姿は見えない!
財宝を奪われ、ドワーフは流浪の民となる。
ここでドワーフの勇者達?が奪回に行く。
ガンダルフ、ビルドバギンズが参加する。
非力なビルボが何故参加するのか?
おいおい分かる。
ドワーフは13人だ。13に何か意味があるのかと思ってしまう!
映画はちょっとお笑いシーンが長いと思う。
だから3部作になったのではないかと?

20121120_movie

ハラハラドキドキの冒険が展開される。
見ていて楽しい。
ワーグが出て来る。これも懐かしい!
ワーグに対する不満は、すぐに死ぬ!もっとたくましいはず!
木に登ったガンダルフ達をワーグが攻撃する。
この時ガンダルフの元に蝶々が飛んでくる!
これは展開が読めた!珍しく当たった!
ドワーフの王国や裂け谷のセットが凄い!
鉱山と言うか岩を彫った王国が楽しい。
王国は深い!広い!照明が鮮やかだ!吊り橋が多すぎる!
ついでに言うと、監督の好みなのか、ドワーフ達が尾根伝いに歩く。
これを多分ヘリコプターで撮影していると思うが、背景の山が動いているように感じる。
これも何度か見た手法だと思う。
又ゴラムが指輪を持って登場する。
ゴラムは2重人格か?
この役は前作から出ている。アンデイサーキス。うまい役者だ!
指輪を奪う?と言うか拾うビルボの俳優が違っている。当然か?

最後のシーンは、ロードオブリングの場面を思い出す!
はなれ山エレボールを全員で見る。
大変面白かったです!
19時前から見たせいか、観客は少なかった。
が次が楽しみだ!
同じ時期に撮影も大分行っていると思う!
早く早く見たい!

« ナルト・シカク逝く、連合本部は倒れたか? | トップページ | ローマ軍団(映画・センチュリオン、および第9軍団のワシ) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画・ホビット『思いがけない冒険』:

« ナルト・シカク逝く、連合本部は倒れたか? | トップページ | ローマ軍団(映画・センチュリオン、および第9軍団のワシ) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ