« お手製の版画カレンダーいただきました! | トップページ | 法律の世界地図・21世紀研究会 »

2012年12月28日 (金)

真説・柳生一族 ~新陰流兵法と柳生三代の実像・渡辺 誠

後世の創作者たちが伝説化した「兵法者」「剣豪」一族の史実に迫る。
大和国の小豪族は、如何に江戸幕府「御流儀」師範に昇り詰めたのか。

20121228_book1

柳生と言えば、昔読んだ漫画、「白土三平、サスケ」 で初めて知ったと思う。
真田忍群と柳生忍群!
決定的になったのは、やはり 「子連れ狼」 だった。
裏の柳生!
そのイメージが抜けきれない。

五味康祐、柳生武芸長、近衛十四郎とつながる。
隆慶一郎、影武者家康をはじめとする、数々の裏柳生の物語!
興奮させる。

柳生但馬守の実力はどうなのか?
最近の隆慶一郎、戸部新十郎は武芸者としては評価していない!
隆慶一郎の小説では、本多正信に、「二流の人物」 と言わせていた。
政治家としての実力の方が強いのだろう。
この本でも出て来るが、柳生門下で、渡辺幸庵と言う人がいる。
司馬遼太郎の、宮本武蔵の本で初めて知った名前だ。
但馬守の実力について、武蔵と比較している。
囲碁に例えてれば、井目置かなければならない!
戸部新十郎言う、「プロとアマの差がある」。
著者はこれには否定的と思える記述をしている。
柳生但馬守は、悪く書かれているだけと言う。
そう言う話が多いそうだ。
出る釘は打たれる運命なのか?

柳生の歴史が良く分かる。
この本で特に分かるのは柳生十兵衛の事だ。
裏の柳生と言えば必ず出て来る名前だだ!
いろんな作者が書いている。
が事実を見てみれば、大和柳生の地にいたようだ。
そこで研究、探究していたようだ。
そして始祖、新陰流、上泉伊勢守の教えを正しくまとめようとしていたようだ。
署名は、「菅原三厳」 とあるそうだ!
柳生は、平姓菅原氏になるそうだ!
知らなかった・・・・・
著者言うように、隠密行動は無かったのか・・・・・・・
やはり寂しい!
裏柳生で動いていたと思いたい・・・・・
尾張柳生も記述されている。
面白かったです!

« お手製の版画カレンダーいただきました! | トップページ | 法律の世界地図・21世紀研究会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真説・柳生一族 ~新陰流兵法と柳生三代の実像・渡辺 誠:

« お手製の版画カレンダーいただきました! | トップページ | 法律の世界地図・21世紀研究会 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ