« 映画・アイアンクラッド・DVD | トップページ | 本・日本型リーダーはなぜ失敗するのか②・リーダーとは・半藤 一利 »

2013年1月 7日 (月)

本・日本型リーダーはなぜ失敗するのか①・紹介・半藤 一利

決断力に欠け、情報を軽視し、従来のやり方に固執して、責任をとろうともしない。
これは、太平洋戦争の指揮官たちにみられる共通の悪弊である。なぜ、こういうリーダーしか日本陸海軍は戴けなかったのか。エリート参謀たちの暴走を許したものは何だったのか。日露戦争時には東郷平八郎、大山巖という名将、そして秋山真之という名参謀がいたのに、どこでどう間違えてしまったのか。現代にも通じる「日本型リーダー」が生まれたプロセ スを、日本陸海軍の組織、人事、教育の面から徹底的に解明。絶大な権力を握っていた陸軍の「派遣参謀」、適材適所の人事を阻んだ日本海軍の「軍令承行令」、単なる軍事オタクしか養成できなかった陸大・海大の教育など、実例に沿って失敗の原因をつぶさに検証する。歴史探偵″を称する筆者が、直接会って聞いた生き残りの将、参謀の生々しい証言も傍証となっている。
リーダーの不在を 嘆く前に、リーダーシップとは何か、どういう人がふさわしいのかと、我々は真剣に考えてきたのだろうか。あの戦争の失敗に、果たして真摯に向き合ってきたのだろうか。長年、昭和史研究に携わってきた著者の熱いメッセージが込められています。

20130107_book1

確かに著者の熱さが伝わってくる!
批判するだけ、批判する方はどれだけ真剣に考えているのか?
著者の作品では、山本五十六をよく取り上げている。
批判は抑え気味であるが、今回は少し抑えが取り除かれている。少しだが・・・・・
題名から問題だ!
「日本型リーダーはなぜ失敗するのか」 ?もついていない。

特に昭和史に詳しい著者の専門分野と言うべき、日本の陸海軍に例をとっている。
少し長くなるが紹介していきたい!

まず中国古典からの引用になる。著者がまとめてくれている。
戦国武将等が手本としている。
「孫子」 「呉子」 「六韜・三略」
簡単な解説がある。

「孫子」
智・信・仁・勇・厳をしっかり持つ事!
六韜は太公望の兵法書。
将には五材、十過あり。
五材とは、勇・智・仁・信・忠を言う。孫子と同じである。少し違うが・・・・・・・
①勇なればすなわち犯すべからず
②智なればすなわち乱すべからず
③仁なればすなわち人を愛す
④信なればすなわち欺かず
⑤忠なればすなわち二心なし

将の気をつけなければならない、十過とは
①勇気過ぎて死を軽んずることなかれ
②性急に前後をわきまえず速断してはならない
③強欲で自分の利益のみ考え、部下のものまでとりあげてはならない
④思いやりの心強く、決断ができなければならない
⑤知略戦略を心得ているが、いざというときに臆して実行できないのはダメ
⑥軽々しく誰でも信用してしまうことはダメ
⑦潔癖ではあるけど、包容力がなくて人を許すことができず、侮辱されるとすぐに怒りだす者もダメ
⑧智慧はあるが頼りがいも責任感も感じられない者もダメ
⑨自信過剰でなんでも自分でやらないと気がすまないのはこれもダメ
⑩なんでも人にまかせてしまうのもダメ

当たり前のことが記述されている。それが出来ていないと言う事なんだろう!

12

半藤一利

12

« 映画・アイアンクラッド・DVD | トップページ | 本・日本型リーダーはなぜ失敗するのか②・リーダーとは・半藤 一利 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・日本型リーダーはなぜ失敗するのか①・紹介・半藤 一利:

« 映画・アイアンクラッド・DVD | トップページ | 本・日本型リーダーはなぜ失敗するのか②・リーダーとは・半藤 一利 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ