« プロ野球にとって正義とは何か 落合解任と「プロの流儀」VS.「会社の論理」・手束 仁 | トップページ | ドキュメント東京電力―福島原発誕生の内幕・田原 総一朗 »

2013年2月17日 (日)

映画・ダイハード/ラストデイ

ダイハード5にあたる。
ハチャメチャなストーリーと言ったら怒られる
ロシアの政治家が逮捕される。それに対して政治家同士の暗闘が絡む。
内容から推し量ると、息子がアホをやらかしてロシアで逮捕される。
それが分かり、ついていない男か?マクレーンがロシアに行く。
ロシアで裁判所に行く。何かある雰囲気だ?
何かある事を想像される映像が流れる。
爆発が起こり、武装集団が政治家を襲う!
よく撮影したと思う。許可されたのが不思議だ。
この逮捕された政治家を救い出すのが、息子だ!
息子はCIAだ!
親父は知らない。
周到に建てられた計画がある。CIAが黒幕の計画だ。
政治家、ユーリ・コマロフのファイルを手に入れる為に脱獄させる。
脱獄させるが、ここで親父と息子が鉢合わせするう。
お互いビックリする!

20130217_film3
ジャックは父ジョンにピストルを向ける

が、この望まない再会で6分時間を無駄にする。この為に作戦中止になる。
ついていない親子だ。キャッチフレーズはツキの無さも遺伝するのか?
カーチェイスが始まる。
よく撮影できたと思う?
はたと気が付いた。車は三ツ矢サイダー。メルセデスだった。
道路から別の道路に飛ぶ。
メチャメチャだ。車もぶつかるワ、回転して方向を変える。
親父はここで息子がCIAだと分かる。

裏切りが連鎖する。
このタイプの映画のパターンがある。
犯人で無さそうな人間が犯人。
味方と思っている、思わせている人間がいる。

ダイハードの特徴は、表に出ている目的とは別の、裏の目的がある。
と言う事は表がファイルで、裏が何なのか?

20130217_film1
ロシアで潜入捜査していたジャックが先頭

コマロフに、ファイルと交換にロシア脱出を持ちかける。
これに娘を一緒に脱出される事を条件として了承する。
息子は了解する。
娘と落ち合う。
マクレーンは刑事のカンでおかしい思う。渋滞しているはずなのにえらく早い。
案の定娘は裏切っている。
おびえた純情な?娘から、ふてぶてしい女になる。
舞台はチェルノブイリに移る。
ここにファイルの取り合いになるかと思うが、そうではない。
ファイル等飛んでいる。もっと重要な物の取り合いになる。
裏切りが裏切りを呼ぶ。
ここら辺は上手いと思う。
コマロフと政治家の争いに、マクレーン親子も参戦する。
一気にラストまで進む!
ツキの無さも、ツキの無い親子が一緒になればプラスになるのか?
面白かったです!

20130217_film2
ジョンは健在、ダイ・ハード!

ダイ・ハード/ラストディの公式サイト

« プロ野球にとって正義とは何か 落合解任と「プロの流儀」VS.「会社の論理」・手束 仁 | トップページ | ドキュメント東京電力―福島原発誕生の内幕・田原 総一朗 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画・ダイハード/ラストデイ:

« プロ野球にとって正義とは何か 落合解任と「プロの流儀」VS.「会社の論理」・手束 仁 | トップページ | ドキュメント東京電力―福島原発誕生の内幕・田原 総一朗 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ