« エレベーターでの出来事 | トップページ | モサド・ファイル② マイケル バー=ゾウハー、 ニシム ミシャル »

2013年2月15日 (金)

モサド・ファイル① マイケル バー=ゾウハー、 ニシム ミシャル

「モサド」――畏怖と敬意を込めてその名が語られるイスラエルの対外情報機関。世界最強と謳われるそのエージェントたちは、いかにして危険に満ちた任務を遂行してきたのか?
スパイ小説の名手として知られるイスラエル人作家が、60年を超える歴史をひもとき、謎に包まれた真実に迫る。
世界を瞠目させたナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンの誘拐、「黒い九月」やヒズボラなどアラブ・テロリストとの果てなき相克、北朝鮮も暗躍したシリアによる核開発計画の阻止……。
それら過去の作戦のみならず、近年の核兵器をめぐるイランとの秘密戦争の実態を描き、最終段階に入った両国の熾烈な戦いを丹念に追う。
イスラエルの歴代国家指導者、モサドの元長官やエージェントなど、多数の当事者への取材と最新の情報をもとに、国家存亡の危機を幾度も救ってきた秘密機関の全貌が浮かび上がる。
本国イスラエルで一大ベストセラーとなった白熱のインテリジェンス秘録。 

手嶋龍一氏、絶賛!
「北朝鮮からイランへ通じる地下水脈を核ミサイル技術が行き交っている。いち早く察知していたのは最強のインテリジェンス機関モサドだった」

20130215_book1

最初にイランの原爆の話からはじまる!
嬉しそうにイランに行って友愛を説いた元総理!
イランに行く前に読んでおく本だったと思うが・・・・・・
イスラエルは、周辺は敵だらけで見方はいない事を前提とする。
性善説なんか信じていないのだろうと思う!
「アラブの春」
民主化と言いながら、なかなかうまくいっているとは言い難い!
同じような中欧諸国!
「アラブの冬」 になりかねないと警告したイスラエル。
これは二郎も思った!
今の中国!体制が崩壊すると言われているが、崩壊すれば収集がつかなくなる!
支配層が変わるだけではないかと思う!
そんな民衆が満足できる体制は無理と思うが・・・・・・・

著者のマイケル バー=ゾウハーは好きな作家だ!
最近も謀略小説を読んだ!
建国以来の節目節目の重要な出来毎に対して、モサドがどう対応してきたか?
それが記述されている。
最初にイランの核疑惑から始まる。
いかに開発を遅らせようと努力したか?
暗殺、部材の不良品を送り込む等の努力が記述される。
やれることは全部やった!
後は、軍事行動だけになっている。
そう言えばアメリカ大統領の選挙前に施設攻撃の可能性のニュースもあった。
と言うことから記述されている。
ここだけでも鳩山元総理は、読んでイランに行くべきではなかったのか?

相当数モサドの人間はいると思う。
その協力者も相当いるはず!
名もなき無名戦士!
国の為に命をささげる!
負ければ国がなくなり、民族の迷う!
友愛なんてアホな事は言っておれない!
ユダヤの古いことわざ!
「誰かかが殺しに来るなら、立ちあがって先にその男を殺せ!」
凄まじい世界だ!

« エレベーターでの出来事 | トップページ | モサド・ファイル② マイケル バー=ゾウハー、 ニシム ミシャル »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

中東」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モサド・ファイル① マイケル バー=ゾウハー、 ニシム ミシャル:

« エレベーターでの出来事 | トップページ | モサド・ファイル② マイケル バー=ゾウハー、 ニシム ミシャル »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ