« 黄金比はすべてを美しくするか?―最も謎めいた「比率」をめぐる数学物語 ・ マリオ・リヴィオ | トップページ | 本・神風(シンパラム)がわく韓国―なるほど、なるほど!日常・ビジネス文化の日韓比較②・吉川 良三 »

2013年3月 2日 (土)

本・神風(シンパラム)がわく韓国―なるほど、なるほど!日常・ビジネス文化の日韓比較①・吉川 良三

韓国がどんどん好きになる!韓国No.1企業の日本人常務(ソウル在住)による抱腹絶倒のおもしろエピソードが満載。悪口はもうウンザリ、高邁な比較文化論も読みたくない。「違い」を互いに知り合って、本音で日韓関係を作ろうじゃないか。韓国人の素顔が見える!司馬遼太郎  『韓くにの紀行』 に続け!ソウル滞在記の本格派登場。

20130302_book1

個人的話になる。
部下が書類を持って来る。何が言いたいのか分からない。
読んでいる時にも説明しようとする。
報告もそうだが、「何が言いたいねん!結論は?」 となってしまう。

状況は違うが、著者も日本的な考えで、報告書を持って来た部下を怒鳴った?みたいだ!
読み始めて直ぐに自分の事を思った。
著者の本は2冊目だが、これは少し前の韓国に行ってしばらくしてからの話だ。2001年発行だ!
現在のサムソンは1兆円の益があり、日本の8社が束になってもかなわないと言う辛い現状がある。
前作は真面目に技術的な話に韓国の国民性の話を絡ませている。
この本は著者の実際に体験した事が記述されている。
メチャメチャ面白い。
両国の国民性の違いの題だけ見ても内容が想像できる。
①ほめる韓国、叱る日本。
②話す韓国、聞く日本。
③自然まかせの韓国、管理したがる日本。
④見せたがる韓国、隠したがる日本。
⑤個の韓国、集団の日本。
⑥現在重視の韓国、過去重視の日本。
⑦ホンネが見える韓国、ホンネが見えない日本。
⑧量が大事な韓国、質が大事な日本。
これを具体的な例をあげて説明する。
非常に分かり易い!
付け加えると、差をつけたがる日本、もあると思う!

著者はサムソン会長に引き抜かれた。なのでサムソン社員も敬意を払ったと思う。
一人で韓国社会に入って行ったのだから、凄い人と思う!
最初の話に戻るが、韓国では怒鳴る前に誉める事が必要とある。
良く頑張った。がしかし・・・・・・・
こう言う必要があるそうだ!
現実に韓国の同僚にそう注意されたとある。
難しいですね!
各項目ごとに面白い話が記述されている。
それぞれ興味深い。
韓国料理は小鉢料理が一杯とあった。
そう言う物らしい。日本からの友人を連れて行き、日本並みに注文したら食べきれなかったとある。
出されたものは全部食べるのが、日本流と思う。
中国に旅行した時、全部食べられると足らなかったのかと思われると聞いた。
国民性の違いだろう。

韓国病があるそうだ。
昔イギリス病があった。
目覚ましい発展を遂げた韓国に対するやっかみがある。
そう言う風な目で見ずに、著者が分析している。
①文化の影響から来る病。
②経済の発展途上で起こる病。
③国際化のために治さねばならない病。
韓国では10大韓国病と呼ぶ病があるそうだ!
その中で著者が3つ選んだ。
特に大きな問題では無いと思うが・・・・・・

« 黄金比はすべてを美しくするか?―最も謎めいた「比率」をめぐる数学物語 ・ マリオ・リヴィオ | トップページ | 本・神風(シンパラム)がわく韓国―なるほど、なるほど!日常・ビジネス文化の日韓比較②・吉川 良三 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朝鮮半島」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄金比はすべてを美しくするか?―最も謎めいた「比率」をめぐる数学物語 ・ マリオ・リヴィオ | トップページ | 本・神風(シンパラム)がわく韓国―なるほど、なるほど!日常・ビジネス文化の日韓比較②・吉川 良三 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ