« 中国人民解放軍の内幕②・富坂 聰 | トップページ | 本・ギャンブルフィーヴァー―依存症と合法化論争②はまり行く人達・谷岡 一郎 »

2013年4月19日 (金)

本・ギャンブルフィーヴァー―依存症と合法化論争①ギャンブルとは?・谷岡 一郎

ギャンブルは人類史上、実にさまざまな役割を果たしてきた。日本では現在、公営のもの以外禁じられているが、解禁論・解禁反対論とも活発である。本書は、ギャンブル中毒とは何で、なぜそうなるのかを分析し、その治療がどう行なわれているかをまず報告する。さらに、現在の日本のギャンブルの問題点を指摘したうえでカジノ解禁への是非の論拠を検討し、世界規模でのギャンブルの趨勢を予測して、その社会的位置づけを検討する。

20130418_book2

1996年発行である。が今書かれたと言ってもおかしくない!
著者はカジノ肯定派になる。恐らく今もそうなんだろう・・・・・・
阪神大震災で被害にあった神戸市の為に提案している。
船上カジノか?無理な話だったんだろう・・・・・

ギャンブルらしきものは、エジプトの考古学的資料からも出てきているそうだ!
飲む・打つ・買うは無くならないと言う事なんだろう!
隠すから見たくなる。禁止するからやりたくなる!
不毛の論争になる。
道徳的に正しい事には反対できない。
禁酒法、酒は飲みすぎは良くないが、適量なら身体にも良い!
が一部グテンググテンになる人も沢山いる。
この人達を基準に考えて貰っては困る!
が酒は良くないと言う真面目な人は沢山いる。
この人達が反対すれば、意見は通る!
が、飲む・打つ・買うは必要悪みたいなものである!

ギャンブルをやる人は、ギャンブルにはまる!
誰しも負けているとは認めたくない!
二郎は麻雀をするが、やっている人は言う。
①俺は勝っている!
②トントンヤ!
③チョッと負けている!
④いつも負けている!

①多分少しだけ勝っている人も少ない。トントンであれば良い方である!
②絶対に負けている!トントンなんて信じられない。
③大分負けている。
④ほとんどそう言う人はいないと思う!メチャメチャ負けている人はいるし、たまにそう言う人はいる!

都合のいい事しか覚えていない!

著者もよく言っているが、ポーカーとか麻雀とか運以外に実力がいるギャンブルはある!
競馬も丸っきりの運では無い!
収支表をつけている人はまずいない!
知り合いに一人競馬の成績はきっちりつけている人がいる。
パソコンから買うので、人のも頼まれる事情があるから・・・・・・・
がやはり強い人はいる!
結果をちゃんとつけている人が、勝ち負けを言うのなら信憑性があるが、ほとんどの人が自分の都合のよい話にしている。

「負けとは、惜しくも逃した勝ち!」

谷岡一郎

« 中国人民解放軍の内幕②・富坂 聰 | トップページ | 本・ギャンブルフィーヴァー―依存症と合法化論争②はまり行く人達・谷岡 一郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 中国人民解放軍の内幕②・富坂 聰 | トップページ | 本・ギャンブルフィーヴァー―依存症と合法化論争②はまり行く人達・谷岡 一郎 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ