« ロシアはどこに行くのか─タンデム型デモクラシーの限界・中村 逸郎 | トップページ | アメリカの不運、日本の不幸―民意と政権交代が国を滅ぼす①・中西 輝政 »

2013年5月14日 (火)

ナルト・カカシVSオビト(リンの死)

今週のナルトは、リンの死の話だ!
珍しく想像した通りの展開になった。
やはりリンは、自ら死ななければならいと悟っていた!
奥さんに自慢しまくった!
が、ナルトの熱心な読者は多い。
二郎が考えている事ぐらい、当然想像しているだろう。
自慢にもならない。
が嬉しい!
奥さんはズルしている。先行している海外版を見ている。
なのでこの件は先に知っていた・・・・・・

しかしここで、三尾が出て来るとは・・・・・・・
人柱力になるのにそんなに簡単な事なのか?
皆苦労してなっている。
8尾にしろ前任者は耐えきれずに死んでいる。
3尾といやアニメオリジナルストーリーに出て来ていた。
カブトが捕獲に来ていた。
子供と晶遁の使い手の話だった。
木の葉は3尾を封印することにした。
失敗して、たまたまこの場所に来ていたデイダラとトビが見つけ、デイダラが3尾を捕獲した。
トビはオビトだ。
この時オビトはふざけた声を出していた。
今回分かったが、三尾はリンの人柱力になっていた。
オビトは三尾捕獲の時に何も思わなかったのか?

20130514_naruto1

リンはカカシのチドリの前に自らをさらした。
殺して欲しいと・・・・・・・・
そこまでは珍しく読みが当たった!(顔が崩れまくり・・・)
がオビトはそれも知っていた。
偽りの世界と言う!
そんな世界が何になる!
こうなるとオビトは何をしたいのか?
ますます分からなくなってくる?
穢土転生でリンを生き返らせなかったのか?
そうして二人だけの世界を作る。
はたまたオビトは輪廻転生を使える。
自らの死と引き換えに、リンを生き返らせる。
そして愛するリンの幸せを祈って死んでいく・・・・・・
そうしなかったのは何かあるのだろう・・・・・・

そろそろマダラVS柱間が始まる。
扉間、ヒルゼン、ミナト、サスケも参戦する!
こちらの展開も早く見たい!
奥さんに馬鹿にされながらも信じている。イタチの再登場を!

« ロシアはどこに行くのか─タンデム型デモクラシーの限界・中村 逸郎 | トップページ | アメリカの不運、日本の不幸―民意と政権交代が国を滅ぼす①・中西 輝政 »

ナルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナルト・カカシVSオビト(リンの死):

« ロシアはどこに行くのか─タンデム型デモクラシーの限界・中村 逸郎 | トップページ | アメリカの不運、日本の不幸―民意と政権交代が国を滅ぼす①・中西 輝政 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ